ApplicationDataContainerSettings.Lookup | lookup Method

指定したアプリケーション設定を取得します。

構文


public:
Object^ Lookup(
  String^ key
)

パラメーター

key

型: String [JavaScript] | Platform::String [C++]

設定のキー。

戻り値

型: Object [JavaScript] | Platform::Object [C++]

アプリケーションの設定。

ApplicationDataContainer.CreateContainer メソッドを呼び出して、設定コンテナーを作成します。この例では、exampleContainer という名前の設定コンテナーを作成し、exampleSetting という名前の設定を追加します。ApplicationDataCreateDisposition 列挙体の Always 値は、コンテナーがまだ存在しない場合にコンテナーが作成されることを示します。

ApplicationDataContainer.values プロパティを使用して、exampleContainer コンテナーの exampleSetting 設定にアクセスします。

ApplicationDataContainer.deleteContainer メソッドを呼び出して、exampleContainer 設定コンテナーの終了時に、コンテナーを削除します。


var applicationData = Windows.Storage.ApplicationData.current;

var localSettings = applicationData.localSettings;

// Create a setting in a container

var container = localSettings.createContainer("exampleContainer", 
    Windows.Storage.ApplicationDataCreateDisposition.Always);

if (localSettings.containers.hasKey("exampleContainer"))
{
    localSettings.containers.lookup("exampleContainer").values["exampleSetting"] = "Hello Windows";
}

// Read data from a setting in a container

var hasContainer = localSettings.containers.hasKey("exampleContainer");

if (hasContainer)
{
    // Access data in: 
    //   localSettings.containers.lookup("exampleContainer").values.hasKey("exampleSetting");
}

// Delete a container

localSettings.deleteContainer("exampleContainer");


要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

DLL

Windows.Storage.ApplicationData.dll

参照

タスク
クイック スタート: ローカル アプリケーション データ (JavaScript)
クイック スタート: ローカル アプリケーション データ (C#/VB/C++)
クイック スタート: ローミング アプリケーション データ (JavaScript)
クイック スタート: ローミング アプリケーション データ (C#/VB/C++)
概念
アプリケーション データの概要
参照
ApplicationDataContainerSettings

 

 

表示:
© 2015 Microsoft