CryptographicPrivateKeyBlobType 列挙体
目次を折りたたむ
目次を展開する

CryptographicPrivateKeyBlobType Enumeration

バッファーに含まれる秘密キーの種類を指定します。

構文


var value = Windows.Security.Cryptography.Core.CryptographicPrivateKeyBlobType.pkcs8RawPrivateKeyInfo;

属性

[Version(0x06020000)]

メンバー

CryptographicPrivateKeyBlobType列挙型 にはこれらのメンバーがあります。

メンバー説明
Pkcs8RawPrivateKeyInfo | pkcs8RawPrivateKeyInfo0

これが既定値です。秘密キーは PKCS#8 規格で定義された ASN.1 PrivateKeyInfo 型としてエンコードされます。秘密キーの情報の構文は、RFC 5208 で次のように定義されます。

PrivateKeyInfo ::= SEQUENCE { version                   Version, privateKeyAlgorithm       PrivateKeyAlgorithmIdentifier, privateKey                PrivateKey, attributes           [0]  IMPLICIT Attributes OPTIONAL } Version ::= INTEGER PrivateKeyAlgorithmIdentifier ::= AlgorithmIdentifier PrivateKey ::= OCTET STRING Attributes ::= SET OF Attribute 
Pkcs1RsaPrivateKey | pkcs1RsaPrivateKey1

キーは PKCS #1 規格で定義された RSA 秘密キーです。詳細については、RFC 3347 のトピックの「RSA 暗号の仕様」を参照してください。

BCryptPrivateKey | bCryptPrivateKey2

次世代暗号化 (CNG: Cryptography Next Generation) API によって定義される Microsoft 秘密キーの形式。たとえば、次の CNG の構造を参照してください。

Capi1PrivateKey | capi1PrivateKey3

旧式の暗号化 API (CAPI: Cryptography API) によって定義される Microsoft 秘密キーの形式。詳細については、「ベース プロバイダー キー BLOB」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.Security.Cryptography.Core
Windows::Security::Cryptography::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2017 Microsoft