ApplicationLanguages.ManifestLanguages | manifestLanguages Property

アプリケーションのサポート対象言語の宣言済みリストを取得します。

構文


public static IReadOnlyList<string> ManifestLanguages { get; }

プロパティ値

型: IVectorView<String> [JavaScript/C++] | System.Collections.Generic.IReadOnlyList<String> [.NET]

アプリケーションのマニフェストに宣言されているサポート対象言語のリスト。

解説

アプリケーションがこのクラスから各国語サポートの関数に言語タグを渡した場合、まず ResolveLocaleName を呼び出して、タグを変換する必要があります。

Windows 8.1 以降:

言語タグは Unicode 拡張をサポートします。ApplicationLanguages クラスの「解説」を参照してください。

Windows ストア アプリは、リソース パッケージを使用して配置できます。言語リソース パッケージが使用される場合、特定のユーザーにインストールおよび登録されるパッケージは、ユーザーの言語プロファイルの言語によって決定されます。ManifestLanguages プロパティによって返される一連の言語は、ユーザーがシステムで現在使用できる言語に限定されます。メイン アプリケーションのパッケージ マニフェストに含まれる言語は、常に返されます。リソース パックの言語は、ユーザーに適用される (つまり、ユーザーの設定に含まれる) 場合であり、プロパティがアクセスされたときにリソース パッケージがインストールされており、ユーザー用に登録されている場合にのみ、返されます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.Globalization
Windows::Globalization [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ApplicationLanguages

 

 

表示:
© 2015 Microsoft