ResourceManager.DefaultContext | defaultContext Property

[DefaultContext は、Windows 8.1 より後のリリースでは、変更されるか使用できなくなる可能性があります。代わりに、ResourceContext.GetForCurrentView を使用してください。]

現在実行中のアプリケーションの既定の ResourceContext を取得します。 明示的にオーバーライドされない限り、既定の ResourceContext が、任意の名前付きリソースの最も適切な表現を判断するために使用されます。

構文


public ResourceContext DefaultContext { get; }

プロパティ値

型: ResourceContext

リソース コンテキスト。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

クライアント サポートの終了

Windows 8.1

サーバー サポートの終了

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.ApplicationModel.Resources.Core
Windows::ApplicationModel::Resources::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ResourceManager
ResourceContext.GetForCurrentView

 

 

表示:
© 2015 Microsoft