この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.OnIsStylusDirectlyOverChanged メソッド

未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

protected virtual void OnIsStylusDirectlyOverChanged(
	DependencyPropertyChangedEventArgs e
)

パラメーター

e
型 : System.Windows.DependencyPropertyChangedEventArgs
イベント データを格納している DependencyPropertyChangedEventArgs

この仮想メソッドは、IsStylusDirectlyOver 依存関係プロパティの値が変更されたときに発生します。 仮想メソッドは最初に発生し、必要に応じて、イベント データを操作できます。 次に、同じイベント データ インスタンスを使用して、IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生します。 このイベントはルーティング イベントではありません。 そのため、クラス ハンドラー内で処理済みとしてマークできません。

このメソッドには、既定の実装はありません。 継承の中間クラスがこのメソッドを実装する可能性があるため、実装から基本実装を呼び出すことをお勧めします。 要件に応じて、特殊処理の前または後で base を呼び出すことができます。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft