この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.OnChildDesiredSizeChanged メソッド

子要素のサイズが変更されるときのレイアウト動作をサポートします。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

protected virtual void OnChildDesiredSizeChanged(
	UIElement child
)

パラメーター

child
型 : System.Windows.UIElement
サイズが変更される子要素。

このメソッドは、通常、アプリケーション コードから呼び出されることはありません。 このメソッドは、派生した要素クラスで、無効化されている可能性がある独自のレイアウト状態を確認できるようにする目的で公開されています。 子要素のサイズ変更に基づいてレイアウト パスの処理時間を最小限にするため、クラスで最適化を試みることもできます。 OnChildDesiredSizeChanged を実装する派生要素クラスの一例は、Grid コントロールです。

継承時の注意

OnChildDesiredSizeChanged メソッドの既定の実装は、自身の InvalidateMeasure を呼び出します。 通常の実装では、要素でサポートされている最適化を行った後、少なくとも 1 つのコード分岐 (独自の測定キャッシュ ロジックで “ダーティ” 状態と見なされたもの) から基本の OnChildDesiredSizeChanged を呼び出します。

サイズの変更を発生させたのが子自体である場合、このメソッドはレイアウト処理でのみ呼び出されます。 親要素がレイアウト システム規則に従って Measure パスを開始した場合は、親が既にレイアウトを再計算しています。 レイアウト システムは、子から親の順にレイアウトを処理するため、子要素のレイアウト呼び出しから親要素のサイズ設定に戻る必要はありません。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft