この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

SolidColorBrush クラス

純色で領域を塗りつぶします。

名前空間:  System.Windows.Media
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

'宣言
Public NotInheritable Class SolidColorBrush _
	Inherits Brush
<object property="predefinedBrushName"/>
- or -
<object property="#rgb"/>
- or -
<object property="#argb"/>
- or -
<object property="#rrggbb"/>
- or -
<object property="#aarrggbb"/>
- or -
<object property="sc#scA,scR,scG,scB"/>
- or -
<object property="ContextColor profileUri alphaValue,colorValue"/>

XAML の値

predefinedBrushName

Blue Orange など、Brushes クラスで定義されるブラシの名前。

rgb

このブラシの Color を記述する 3 桁の 16 進数。 1 桁目はその色の R 値、2 桁目は G 値、3 桁目は B 値をそれぞれ指定します。 たとえば、00F のようにします。

argb

このブラシの Color を記述する 4 桁の 16 進数。 1 桁目はその色の A 値、2 桁目は R 値、その次の桁は G 値、最後の桁は B 値をそれぞれ指定します。 たとえば、F00F のようにします。

rrggbb

このブラシの Color を記述する 6 桁の 16 進数。 最初の 2 桁はその色の R 値、次の 2 桁は G 値、最後の 2 桁は B 値をそれぞれ指定します。 たとえば、0000FF のようにします。

aarrggbb

このブラシの Color を記述する 8 桁の 16 進数。 最初の 2 桁はその色の A 値、次の 2 桁は R 値、その次の 2 桁は G 値、最後の 2 桁は B 値をそれぞれ指定します。 たとえば、FF0000FF のようにします。

scA

Single

このブラシの ColorScA 値。

scR

Single

このブラシの ColorScR 値。

scG

Single

このブラシの ColorScG 値。

scB

Single

このブラシの ColorScB 値。

profileUri

System.Uri

International Color Consortium (ICC) カラー プロファイルまたは Image Color Management (ICM) カラー プロファイル。

alphaValue

System.Single

アルファ チャネル カラー値。 値の範囲は 0.0 ~ 1.0 です。

colorValue

カラー プロファイルのカラー チャネルを表す、3 ~ 8 個の値のコンマ区切りリスト。 値の範囲は 0.0 ~ 1.0 です。

SolidColorBrush 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドSolidColorBrush 色またはアニメーションを指定しないで、SolidColorBrush クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドSolidColorBrush(Color) Color を指定して、SolidColorBrush クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCanFreezeオブジェクトを変更不可能な状態にできるかどうかを示す値を取得します。 (Freezable から継承されます。)
パブリック プロパティColorこの SolidColorBrush の色を取得または設定します。
パブリック プロパティDependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。  (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcherこの DispatcherObject が関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcher (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティHasAnimatedProperties1 つ以上の AnimationClock オブジェクトが、このオブジェクトの任意の依存関係プロパティに関連付けられているかどうかを示す値を取得または設定します。 (Animatable から継承されます。)
パブリック プロパティIsFrozen現在このオブジェクトが変更可能な状態であるかどうかを示す値を取得します。 (Freezable から継承されます。)
パブリック プロパティIsSealedこのインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティOpacity Brush の不透明度を取得または設定します。 (Brush から継承されます。)
パブリック プロパティRelativeTransformブラシに適用される相対座標を使用した変換を取得または設定します。 (Brush から継承されます。)
パブリック プロパティTransformブラシに適用される変換を取得または設定します。 この変換は、ブラシの出力がマップされて配置された後に適用されます。 (Brush から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock) AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。 (Animatable から継承されます。)
パブリック メソッドApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior) AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。 (Animatable から継承されます。)
パブリック メソッドBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)指定した DependencyProperty にアニメーションを適用します。 次のフレームが描画されると、アニメーションが開始されます。 指定したプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。 (Animatable から継承されます。)
パブリック メソッドBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)指定した DependencyProperty にアニメーションを適用します。 次のフレームが描画されると、アニメーションが開始されます。 指定したプロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。 (Animatable から継承されます。)
パブリック メソッドCheckAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue(DependencyProperty)プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyProperty 識別子で指定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue(DependencyPropertyKey)読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドCloneこの SolidColorBrush の変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの値の詳細コピーを作成します。 このメソッドは、依存関係プロパティをコピーするときに、リソースの参照とデータ バインディングをコピーしますが (ただし、これらは解決されなくなっている場合があります)、アニメーションやその現在の値はコピーしません。
パブリック メソッドCloneCurrentValueこの SolidColorBrush オブジェクトの変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの現在値の詳細コピーを作成します。 リソース参照、データ バインディング、アニメーションはコピーされませんが、それらの現在値はコピーされます。
パブリック メソッドCoerceValue指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーDeserializeFromこのメンバーは、WPF インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。
パブリック メソッドEquals指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドFreeze現在のオブジェクトを変更不可能な状態にして、その IsFrozen プロパティを true に設定します。 (Freezable から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValue指定した DependencyProperty のアニメーション化されていない値を返します。 (Animatable から継承されます。)
パブリック メソッドGetAsFrozen基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、Freezable の 固定されたコピーを作成します。 コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。 (Freezable から継承されます。)
パブリック メソッドGetCurrentValueAsFrozen現在のプロパティ値を使用して、Freezable の固定されたコピーを作成します。 コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。 (Freezable から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCodeこの DependencyObject のハッシュ コードを取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetLocalValueEnumeratorどの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValue DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateProperty指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValue依存関係プロパティのローカル値が存在する場合に、そのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetCurrentValue依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValue(DependencyProperty, Object)依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValue(DependencyPropertyKey, Object)読み取り専用の依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドShouldSerializePropertyシリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString この Brush の文字列表現を返します。 (Brush から継承されます。)
パブリック メソッドToString(IFormatProvider) 指定したカルチャ固有の書式設定情報に基づいて、このオブジェクトの文字列表現を作成します。 (Brush から継承されます。)
パブリック メソッドVerifyAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。 (DispatcherObject から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントChanged Freezable 、またはこれに含まれているオブジェクトが変更されると発生します。 (Freezable から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーColorProperty Color  依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIFormattable.ToString指定した書式を使用して、現在のインスタンスの値に書式を付けます。 (Brush から継承されます。)
このページのトップへ

便宜上、Brushes クラスでは、よく使用される SolidColorBrush オブジェクトのセットが BlueYellow などとして提供されています。

Freezable の機能 : Freezable クラスを継承するため、SolidColorBrush クラスはいくつかの特殊な機能を備えています。SolidColorBrush オブジェクトは、リソースとして宣言し、複数のオブジェクトで共有し、読み取り専用にしてパフォーマンスを向上させ、複製し、スレッド セーフにすることができます。 Freezable オブジェクトのさまざまな機能の詳細については、「Freezable オブジェクトの概要」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft