この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Stylus.StylusButtonDown アタッチされるイベント

ユーザーがスタイラスのボタンのいずれかを押したときに発生します。

名前空間:  System.Windows.Input
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

See AddStylusButtonDownHandler, RemoveStylusButtonDownHandler
<object Stylus.StylusButtonDown="StylusButtonEventHandler" .../>

識別子フィールド

StylusButtonDownEvent

ルーティング方法

バブル

Delegate

StylusButtonEventHandler

これは添付イベントです。WPF では、添付イベントがルーティング イベントとして実装されています。 添付イベントは基本的に、自身ではイベントを定義しないオブジェクトで処理されるイベントを参照するための XAML 言語の概念です。 さらに、WPF は、添付イベントの機能を拡張して、ルートを走査できるようにします。 添付イベントのコードには、直接処理構文がありません。ルーティング イベントのハンドラーをコードに添付するには、指定された Add*Handler メソッドを使用します。 詳細については、「添付イベントの概要」を参照してください。

ユーザーがスタイラスの胴体ボタンを押したときに、ショートカット メニューを表示する方法を次の例に示します。 この例は、textBox1 という TextBox、および textBoxContextMenu という ContextMenu があり、StylusButtonDown イベントがイベント ハンドラーに接続されていることを前提としています。


// Show or hide a shortcut menu when the user clicks the barrel button.
void textbox1_StylusButtonDown(object sender, StylusButtonEventArgs e)
{
    if (e.StylusButton.Guid != StylusPointProperties.BarrelButton.Id)
    {
        return;
    }

    if (textbox1.ContextMenu == null)
    {
        textbox1.ContextMenu = textBoxContextMenu;
    }
    else
    {
        textbox1.ContextMenu = null;
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft