展開 最小化

AutomationPeer.IsContentElement メソッド

2013/12/12

この API は、.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

このオートメーション ピアに関連付けられているオブジェクトがユーザーに表示するデータを格納するかどうかを示す値を取得します。

Namespace:  System.Windows.Automation.Peers
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public bool IsContentElement()

戻り値

型: System.Boolean
要素がコンテンツ要素である場合は true。それ以外の場合は false

ユーザーに提示するデータを格納するコンテンツ要素。コンテンツ要素の例としては、リスト ボックスの項目や、ダイアログ ボックスのボタンなどがあります。通常、複合コントロールのコンテンツの操作には、非コンテンツ要素 (周辺要素とも呼ばれます) を使用します。非コンテンツ要素の例としては、ドロップダウン コントロールのボタンなどがあります。

この実装は、IsContentElementCore の呼び出し以外は行いません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft