この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

TypeCode 列挙体

オブジェクトの型を指定します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public enum TypeCode

メンバー名説明
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートBoolean true または false のブール値を表す単純型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートByte0 から 255 までの値を保持する符号なし 8 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートChar0 から 65535 までの値を保持する符号なし 16 ビット整数を表す整数型。 Char 型で使用できる値は、Unicode 文字セットに対応します。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートDateTime日時の値を表す型。
XNA Framework によるサポートDBNullデータベースの null (列) 値。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートDecimal1.0 × 10 -28 から概数 7.9 × 10 28 までの範囲で、有効桁数が 28 または 29 の値を表す単純型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートDouble概数 5.0 × 10 -324 から 1.7 × 10 308 までの範囲で、有効桁数が 15 または 16 の値を表す浮動小数点型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートEmptynull 参照。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートInt16-32768 から 32767 までの値を保持する符号付き 16 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートInt32-2147483648 から 2147483647 までの値を保持する符号付き 32 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートInt64-9223372036854775808 から 9223372036854775807 までの値を保持する符号付き 64 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートObject別の TypeCode で明示的に表されていない任意の参照または値型を表す一般的な型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートSByte-128 から 127 までの値を保持する符号付き 8 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートSingle概数 1.5 × 10 -45 から 3.4 × 10 38 までの範囲で、有効桁数が 7 の値を表す浮動小数点型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートStringUnicode 文字列を表すシール クラス型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートUInt160 から 65535 までの値を保持する符号なし 16 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートUInt320 から 4294967295 までの値を保持する符号なし 32 ビット整数を表す整数型。
XNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートUInt640 から 18446744073709551615 までの値を保持する符号なし 64 ビット整数を表す整数型。

IConvertible インターフェイスを実装するクラスで GetTypeCode メソッドを呼び出し、そのクラスのインスタンスの型コードを取得します。

または、オブジェクトの GetType メソッドを呼び出し、Type オブジェクトを取得します。次に、Type オブジェクトの GetTypeCode メソッドを呼び出し、オブジェクトの型コードを取得します。

TypeCode 列挙体の使用方法については、次のコード例を参照してください。 WriteObjectInfo メソッド内の判定ブロックで、Object パラメーターの TypeCode が検査され、該当するメッセージがコンソールに書き込まれます。


static void WriteObjectInfo(object testObject)
{
    TypeCode    typeCode = Type.GetTypeCode( testObject.GetType() );

    switch( typeCode )
    {
        case TypeCode.Boolean:
            Console.WriteLine("Boolean: {0}", testObject);
            break;

        case TypeCode.Double:
            Console.WriteLine("Double: {0}", testObject);
            break;

        default:
            Console.WriteLine("{0}: {1}", typeCode.ToString(), testObject);
            break;
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft