この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BinaryWriter.Write メソッド (Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト配列の特定の領域を書き込みます。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Write(
	byte[] buffer,
	int index,
	int count
)

パラメーター

buffer
型 : System.Byte[]
書き込むデータが格納されているバイト配列。
index
型 : System.Int32
buffer 内の書き込み開始点。
count
型 : System.Int32
書き込むバイト数。

例外条件
ArgumentException

バッファー長から index を差し引いた値が count より小さい値です。

ArgumentNullException

buffernull なので、

ArgumentOutOfRangeException

index または count が負の値です。

IOException

I/O エラーが発生しました。

ObjectDisposedException

ストリームが閉じられました。

For a list of common I/O tasks, see 共通 I/O タスク.

The following code example shows how to write binary data using memory as a backing store, and then verify that the data was written correctly.


using System;
using System.IO;

namespace BinaryRW
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            const int arrayLength = 1000;
            byte[] dataArray = new byte[arrayLength];
            byte[] verifyArray = new byte[arrayLength];

            new Random().NextBytes(dataArray);

            using (BinaryWriter binWriter = new BinaryWriter(new MemoryStream()))
            {
                Console.WriteLine("Writing the data.");
                binWriter.Write(dataArray, 0, arrayLength);

                using (BinaryReader binReader = new BinaryReader(binWriter.BaseStream))
                {
                    binReader.BaseStream.Position = 0;

                    if (binReader.Read(verifyArray, 0, arrayLength) != arrayLength)
                    {
                        Console.WriteLine("Error writing the data.");
                        return;
                    }
                }
            }

            for (int i = 0; i < arrayLength; i++)
            {
                if (verifyArray[i] != dataArray[i])
                {
                    Console.WriteLine("Error writing the data.");
                    return;
                }
            }

            Console.WriteLine("The data was written and verified.");
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft