Windows アプリ
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

iota

 

間隔 [_First, _Last)で要素にその値 (_Value++) の一連のインクリメントで最初の要素と入力してから開始値を格納します。


   template<class ForwardIterator, class Type>
void iota(
   ForwardIterator _First, 
   ForwardIterator _Last,
   Type _Value 
);

_First

指定された範囲の最初の要素を示す入力反復子。

_Last

指定された範囲の最後の要素を示す入力反復子。

_Value

最初の要素に格納し、順次後続の要素にインクリメントする必要開始値。

次の例では、整数の リスト を設定し、listvector を入力することにより random_shuffle 関数を使用できるように iota 関数の用途を示しています。

// compile by using: cl /EHsc /nologo /W4 /MTd
#include <algorithm>
#include <numeric>
#include <list>
#include <vector>
#include <iostream>

using namespace std;

int main(void)
{
    list <int> intList(10);
    vector <list<int>::iterator> intVec(intList.size());

    // Fill the list
    iota(intList.begin(), intList.end(), 0);

    // Fill the vector with the list so we can shuffle it
    iota(intVec.begin(), intVec.end(), intList.begin());

    random_shuffle(intVec.begin(), intVec.end());

    // Output results
    cout << "Contents of the integer list: " << endl;
    for (auto i: intList) {
        cout << i << ' ';
    }
    cout << endl << endl;

    cout << "Contents of the integer list, shuffled by using a vector: " << endl;
    for (auto i: intVec) {
        cout << *i << ' ';
    }
    cout << endl;
}

Contents of the integer list:

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents of the integer list, shuffled by using a vector:

8 1 9 2 0 5 7 3 4 6

必要条件

数値ヘッダー: <>

名前空間: std

表示:
© 2016 Microsoft