DirectX ゲーム開発の概要

Applies to Windows and Windows Phone

DirectX ゲームの開発を開始する場合の基本事項について説明します。

DirectX ゲームの開発する理由

理由は単純です。グラフィックスまたはマルチメディアを多用するゲームを作成し、現行の多様なグラフィックス ハードウェア デバイスでサポートされている機能を使えるようにするためです。ゲーム開発が初めての場合や Windows 開発と C/C++ に詳しくない場合、難しい作業のように思われるかもしれません。ただ、さいわいなことに、これが Microsoft DirectX の最も単純かつ包括的なバージョンであり、最も強力で機能が豊富です。

ただし、ゲームの計画は重要です。ゲーム開発が初めてで、ゲームのグラフィックス要件が高くない場合は、代わりに、JavaScript を使った Windows ランタイム アプリか、C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリとしてゲームを開発することを検討してください。また、多くのゲーミング ミドルウェア グラフィックスとゲーム開発パッケージは Windows プラットフォームで使うことができ、その中には、それほどプログラミング スキルを必要としないものもあります。

DirectX と C++ を使って Windows ランタイム アプリを開発します。DirectX による開発を開始する前にまず、基本的なコンピューター プログラミングの知識を身に付けておくことをお勧めします。DirectX を効果的に使うには、Windows リソースやコンピューター アルゴリズムに関する高度な知識が必要になるためです。線形代数や三角法についても十分がな理解があると、ゲームの開発にあたって使用する多様な型や API の特性を把握するうえで役立ちます。

以上を前提として、以降を読み進めてください。

DirectX の概要

DirectX は、ゲーム開発に向けた多様なグラフィックスとマルチメディア API を含む大規模な集合です。2D、3D のグラフィックス、オーディオ、入力、およびテキスト リソースを含め、ゲーム開発のほとんどすべての側面にかかわる API が用意されています。

DirectX には、いくつかの API セットが含まれています。

  • Direct2D は 2D グラフィックス関数のライブラリです。
  • Direct3D は、2D と 3D のグラフィックス関数、および上位レベル シェーダー言語 API を含むライブラリです。
  • DirectWrite は、グラフィックスおよびゲームの開発に特化したテキスト、およびフォントのレンダリング関数を含むライブラリです。
  • DirectXMath は、ゲーム開発に向けた数値メソッド、および数学関数を含むライブラリです。
  • XAudio2 は、オーディオ、信号の再生、およびミキシングに対応する全機能装備型のライブラリです。
  • XInput は、ゲーム コントローラーをサポートする関数のライブラリです。

DirectX ゲーム開発の概要

Windows 8 に向けた Windows ストア C++ ゲームの作成に初めて携わる DirectX ゲーム開発者に向けた情報が記載されています。

このセクションの内容

トピック説明

DirectX ゲームでの 2D グラフィックスの使用

ここでは 2D ビットマップ グラフィックスおよび効果の用途と、これらを実際のゲームで使用する方法について説明します。

DirectX ゲームでの 3D グラフィックスの使用

ここでは 3D グラフィックスとその効果、およびゲームへの統合方法について説明します。

DirectX ゲームのアセットとリソースの管理

DirectX ゲームのグラフィックス アセットやリソースの作成、管理、変換、読み込みを行う方法について説明します。

DirectX ゲームでのオーディオの使用

ミュージックやサウンドを開発し、DirectX ゲームに統合する方法、およびオーディオ信号を処理して、ダイナミック サウンドやポジショナル サウンドを作成する方法について説明します。

DirectX ゲームでの入力とコントロールの使用

DirectX ゲームで使用する入力方式とコントロールの開発方法について説明します。

DirectX ゲームでのネットワークの使用

ネットワーク機能を開発し、DirectX ゲームに組み込む方法について説明します。

 

関連トピック

DirectX による Windows ストア C++ Marble Maze ゲームの開発

 

 

表示:
© 2015 Microsoft