アプリ内製品のプロパティ

重要:重要:

このトピックは、新しい統合デベロッパー センター ダッシュボードにではなく、以前の Windows Phone デベロッパー センター ダッシュボードに適用されます。現在、すべての開発者アカウントを移行する処理の途中であるため、お使いのアカウントが新しいダッシュボードに既に移行された場合、ここに示されている情報が当てはまらない可能性があります。詳しくは、統合デベロッパー センター ダッシュボードの使用に関するページをご覧ください。

注: アプリ内製品は、Windows Phone 8 および以降のバージョンのアプリでのみ使用できます。

アプリ内製品は、ユーザーが購入可能なアプリの補助アイテムです。この製品には、楽しいアドオン新機能、新しいゲーム レベル、またはユーザーの関心を引くと思われるその他のアイテムなどがあります。アプリ内製品は、収益を上げるための効果的な方法であるだけでなく、アプリに新しい対話機能を追加してユーザーを引き付けて熱中させることができます。アプリ内製品を Windows Phone デベロッパー センター に申請するための最初の手順について説明します。

メモメモ:

アプリ内製品が申請プロセスを既に完了していても、アプリが認可の途中である場合があります。このような状況に対応できるように、アプリを設計することをお勧めします。

最初に、アプリ内製品にエイリアスを指定します。これは、デベロッパー センター でアプリ内製品を識別するための名前です。アプリのエイリアスと同様、アプリ内製品のエイリアスは一意のエイリアスで、最大 100 文字以内に収める必要があります。

重要:重要:

以前は Windows アプリと関連付けられていたアプリにアプリ内製品を追加する場合、または将来的にアプリを Windows アプリと関連付けることを計画している場合は、Windows ストアと Windows Phone ストア で同じエイリアスを共有しているアプリ内製品は、同じタイプ (たとえば、消耗品耐久財など) も共有する必要があります。

アプリで作成した [製品識別子] を入力します。この識別子はアプリに対して一意である必要があります。アプリ内製品を申請した後は、[製品識別子] を変更できないことに注意してください。

アプリ内製品にエイリアスを指定した後、その [製品の種類] を選択します。

  • [消費可能] は、ゲーム内の 1000 ピース ゴールドのように、購入後に使用 (消耗) して再び購入される商品です。

  • [永続的] は、ゲームのレベルなど購入者によって永久に所有される商品です。耐久財の商品は消耗されません。

重要:重要:

アプリ内製品を申請した後で [製品の種類] を変更することはできないので、申請する前に慎重に検討してください。

[永続的] タイプを選択した場合は、製品の有効期間を指定する必要があります。[製品の有効期間] は、お客様がアプリ内製品を使用できる期間を表します。その期間が過ぎると、お客様は製品を再び購入する必要があります。この値は後で変更でき、新しい値は新しいお客様に対して有効になります。既存のお客様に対する製品の有効期間は変更されません。消耗品には製品の有効期間はありません。

重要:重要:

[製品の有効期間] に [無期限] 以外の値を選択した場合、製品は Windows Phone 8.1 以降を実行しているユーザーだけが使用できます。

次に、製品の [コンテンツの種類] を選択する必要があります。このフィールドの既定値は [ソフトウェアのダウンロード] であり、最も一般的なものです。製品のコンテンツが何か他のもの (音楽のダウンロードや電子書籍など) である場合は、[コンテンツの種類] リストでコンテンツの種類を選択します。

最後に、アプリの説明で使用した言語以外の言語をサポートする場合に設定する [既定の言語] を選択します。

ドロップダウンでアプリ内製品の [基本価格] を選択します。アプリと同様、地域ごとに異なる価格帯に同じアプリ内製品を登録することができます。ベータ ユーザーがベータ アプリでアプリ内製品をテストするときは課金されません。また、認可のために申請した後でアプリの価格を変更しても、アプリ内製品の申請には影響がありません。価格設定のカスタマイズの詳細については、「価格と市場の選択の定義」を参照してください。

重要:重要:

支払いをサポートしていない国や地域でアカウントを登録している場合、有料のアプリ内製品を申請することはできません。

手順 1. の [詳細] と [価格設定] を完了した後は、変更を保存して手順 2. 「アプリ内製品の説明」に進みます。アプリ内製品をさらにカスタマイズする場合は、[その他のオプション] ドロップダウンをクリックします。

開発に関して言えば、完全に同じアプリは 2 つと存在しません。同じ原則は、アプリ内製品にも当てはまります。[その他のオプション] では、アプリ内製品のプロパティに次のいくつかの単純ではあるが、重要な変更を加えることができます。

アプリを手動で公開する

既定では、アプリは認可後すぐに公開されます。代わりに、アプリを手動で公開する (たとえば、アプリ内製品のリリース時期に合わせる) 場合は、[手動で公開] を選択します。

動的なビューを作成する

デベロッパー センター では、アプリ内購入コンテンツの動的ビューを作成できます。申請するアプリ内製品ごとに最大 10 個の [キーワード] を入力します。そうすると、アプリはキーワードと一致する製品を照会できます。この機能によって、製品 ID を取り込まずに製品をロードできる画面を構築できるようになります。アプリ内製品を申請した後は、いつでもキーワードを変更でき、認可プロセスには影響しません。

タグを使用してコンテキストを制御する

[タグ] を使用すると、アプリ内製品のコンテキストを制御できます。たとえば、ゲームのアプリ内製品として金貨入りの袋を販売するとします。[タグ] フィールドを使用し、アプリはこの金貨入りの袋を照会できます。[タグ] 機能を使用して、値 (この場合は、袋に入っている金貨の数) はいつでも調整できます。アプリ内製品の申請後にタグを変更しても問題はありません。タグの変更は、認可プロセスに影響しません。

説明をカスタマイズする

ストア で複数の言語でアプリ内製品を説明するには、[Windows Phone ストア の言語] で国/地域を選択します。選択したそれぞれの言語で説明を記述する必要があります。

アプリ内製品のプロパティの作成または更新を完了し、変更内容を確認したら、[保存] をクリックします。[保存] に成功すると、申請ハブ ページに戻ります。これで、手順 2. 「アプリ内製品の説明」に進む準備ができました。

エラーに関するヘルプが必要な場合は、「アプリの申請エラーを理解する」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft