お試し版、アプリ内製品、および広告の追加
言語: HTML | XAML

お試し版、アプリ内製品、および広告の追加 (HTML)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

目的

Windows ランタイム アプリには、無料のアプリ、お試し版 (時間ベースと機能ベースの両方)、有料版のアプリ、アプリ内製品のサポートを適用できます。これによってユーザーに、アプリを無料で試してニーズに合った製品を選ぶ機会を提供することができます。このセクションのトピックでは、これらの機能をアプリに組み込む方法について説明します。

Windows ストアでサポートされている各種のビジネス モデルについて詳しくは、「収益とビジネス モデル」をご覧ください。Windows ストアの手数料に関する説明とアプリの収益を受け取る方法について詳しくは、「支払いの受け取り」をご覧ください。

このセクションの内容

トピック説明

アプリの試用版の作成

アプリを無料で使うことができる試用期間を設けている場合には、その期間中に一部の機能を無効にしたり制限したりするようアプリを設計できます。また、顧客がアプリを購入する前の試用期間中にだけバナーや透かしなどが表示されるようにもできます。

アプリ内製品購入の有効化

アプリでは、ユーザーがアプリ内から購入できるように、製品や機能を販売することができます。ここでは、アプリ内で機能を販売できるようにする方法について説明します。

コンシューマブルなアプリ内製品購入の有効化

ストアの商取引プラットフォームを使ってコンシューマブルなアプリ内製品 (購入、使用、再購入が可能なアイテム) をサポートすると、堅牢かつ信頼性の高いアプリ内購入エクスペリエンスを顧客に提供できます。

アプリ内製品の大規模なカタログを管理する方法

Windows 8.1 と Windows Phone 8.1 では、開発者アカウントごとの製品数がストアの限度である 200 を超えるようなアプリ内製品カタログのあるアプリを対象として、新しいソリューションが導入されています。このソリューションでは、特定の価格帯に対して少数の製品エントリを作成することができます。個々のエントリは、カタログ内の多数の製品を表すことができます。

通知を使った製品購入の確認

製品購入が成功した各 Windows ストアのトランザクションでは、必要に応じてトランザクションの通知を返すことができます。この通知は、ユーザーに対する製品と金銭的コストの一覧を掲載します。

この情報は、ユーザーがアプリを購入したことや、Windows ストアからアプリ内製品の購入が行われたことをアプリで確認する必要がある場合などに役立ちます。たとえば、ダウンロードしたコンテンツを提供するゲームを想像してください。ゲーム コンテンツを購入したユーザーが別のデバイスでゲームをする場合、そのユーザーが既にコンテンツを所有していることを確認する必要があります。その方法は次のとおりです。

Microsoft Advertising によるアプリへの広告の追加

Microsoft Advertising を使って広告を組み込むと、Windows アプリで収益を得ることができます。ここに示すリソースを使うと、次のことができます。

  • ビデオやバナー広告を簡単にアプリに統合する。
  • アプリに広告を配信するためにリアルタイムで競争する複数の広告ネットワークの力を解き放つことによって、アプリ内広告の収益を最大限に増やす。
  • ターゲティング広告機能を提供して、ユーザーに最も関連する広告を配信する。

 

 

 

表示:
© 2017 Microsoft