この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

グラフィックス (C++ AMP)

C++ AMP では、GPU のテクスチャのサポートにアクセスするために使用できる Concurrency::graphics 名前空間に複数の API が含まれます。 一般的なシナリオを次に示します。

  • 計算のデータ コンテナーとして texture クラスを使用し、GPU ハードウェアのテクスチャ キャッシュとレイアウトの空間的局所性を利用できます。 空間的局所性は相互に物理的に近い場所に存在するデータ要素のプロパティです。

  • ランタイムには、非計算シェーダーとの効率的な相互運用性が提供されます。 ピクセル、頂点、テセレーション、およびハルの各シェーダーは、C++ AMP 計算で使用できるテクスチャを頻繁に使用または生成します。

  • C++ AMP のグラフィックス API には、サブワードがパックされたバッファーにアクセスするための別の方法が用意されています。 8 ビットまたは 16 ビットのスカラーで構成されるテクセル (テクスチャ要素) を表す形式を持つテクスチャによって、このようなパックされたデータ ストレージにアクセスできます。

norm unorm の型は float の値の範囲を制限するスカラー型です; これはクランピングとして知られています。 これらの型は他のスカラー型から明示的に作成することができます。 キャストでは、値は最初にfloatにキャストされ、次に、normで許可されている領域[- 1.0… 1.0] または unormで許可されている領域 [0.0… 1.0]にそれぞれクランプされます。 +/- 無限値からのキャストは +/-1 を返します。 NaN からキャストは未定義です。 norm は unorm から暗黙的に作成することができ、データは失われません。 float への暗黙の変換演算子がこれらの型に定義されます。 バイナリ演算子は、これらの型とその他の組み込みスカラー型である floatint (+、-、*、/、==、! =、>、<、>=、<=) の間で定義されます。 複合代入演算子 (+=、-=、*=、/=) もサポートされています。 単項否定演算子 (-) は、norm 型に定義されます。

short ベクター ライブラリには、HLSL で定義され、テクセルを定義するために一般的に使用されるベクトル型 (DirectX HLSL) の機能の一部が用意されています。 short ベクターは同じ型の 1 ~ 4 つの値を保持するデータ構造体です。 サポートされる型は、doublefloatintnormuint、および unorm です。 次の表に型名を示します。 また、各型には、名前にアンダースコアがない、対応する typedef があります。 アンダースコアを含む型は Concurrency::graphics 名前空間 にあります。 __int8__int16 のような同様の名前の基本型から明確に区別できるように、アンダースコアがない型は Concurrency::graphics::direct3d 名前空間 にあります。

長さ 2

長さ 3

長さ 4

double

double_2

double2

double_3

double3

double_4

double4

float

float_2

float2

float_3

float3

float_4

float4

int

int_2

int2

int_3

int3

int_4

int4

norm

norm_2

norm2

norm_3

norm3

norm_4

norm4

uint

uint_2

uint2

uint_3

uint3

uint_4

uint4

unorm

unorm_2

unorm2

unorm_3

unorm3

unorm_4

unorm4

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gif演算子

演算子が 2 つの short ベクターの間で定義されている場合、その演算子は short ベクターとスカラーの間でも定義されます。 また、これらのどちらかが TRUE である必要があります。

  • スカラーの型は short ベクターの要素型と同じである必要があります。

  • スカラーの型は、1 つのユーザー定義の変換のみを使用してベクターの要素型に暗黙的に変換できます。

操作は short ベクターの各コンポーネントとスカラーの間でコンポーネントごとに実行されます。 次に有効な演算子を示します。

演算子の型

有効な型

バイナリ演算子

すべての型で有効: +、-、*、/

すべての整数型で有効: %、^、|、&、<<、>>

2 つのベクターは同じサイズである必要があり、結果は同じサイズの 1 つのベクターになる。

関係演算子

すべての型で有効: ==、!=

複合代入演算子

すべての型で有効: +=、-=、*=、/=

すべての整数型で有効: %=、^=、|=、&=、<<=、>>=

インクリメント演算子およびデクリメント演算子

すべての型で有効: ++、--

前置と後置の両方が有効。

ビットごとの NOT 演算子 (~)

整数型で有効。

単項 - 演算子

unorm uint を除くすべての型で有効。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifスウィズリング式

short ベクター ライブラリは、short ベクターのコンポーネントにアクセスする vector_type.identifier アクセサー構成体をサポートします。 identifier は、スウィズリング式と呼ばれ、ベクターのコンポーネントを指定します。 式は左辺値または右辺値のいずれかになります。 識別子の個々の文字は、x、y、z、w または r、g、b、a になります。"x" と "r" はゼロ番目のコンポーネントを意味し、"y" と "g" は 1 番目のコンポーネントを意味する、などのようになります。("x" と "r" は同じ識別子で使用できないことに注意してください。)したがって、"rgba" と "xyzw" は同じ結果を返します。 "x" と "y" のような単一コンポーネント アクセサーはスカラー値型です。 複数コンポーネント アクセサーは short ベクター型です。 たとえば、fourInts という名前で、値 2、4、6、8 を持つ int_4 ベクターを作成すると、fourInts.y は整数 4 を返し、fourInts.rg は値 2 および 4 を持つ int_2 オブジェクトを返します。

多くの GPU には、ピクセルとテクセルをフェッチし、イメージとテクスチャを表示するために最適化されたハードウェアとキャッシュがあります。 テクセル オブジェクトのコンテナー クラスであるテクスチャ <T,N> クラスは、これらの GPU のテクスチャ機能を公開します。 テクセルは次のようになります。

  • int uintfloatdoublenorm、または unorm のスカラー。

  • 2 つまたは 4 つのコンポーネントを持つ short ベクター。 許可されない唯一の例外は double_4 です。

texture オブジェクトは、1、2、または 3 のランクになります。 texture オブジェクトは parallel_for_each の呼び出しのラムダの参照によってのみキャプチャできます。 テクスチャは、Direct3D テクスチャ オブジェクトとして GPU に格納されます。 Direct3D でのテクスチャおよびテクセルの詳細については、「Introduction to Textures in Direct3D 11 (Direct3D 11 でのテクスチャの概要)」を参照してください。

使用するテクセル型が、グラフィックス プログラミングで使用される多くのテクスチャ形式の 1 つになっている場合があります。 たとえば、RGBA 形式は、R、G、B、A のスカラー要素に対してそれぞれ 8 ビットで、32 ビットを使用できます。 グラフィックス カードのテクスチャ ハードウェアは、形式に基づいて個々の要素にアクセスできます。 たとえば、RGBA 形式を使用すると、テクスチャ ハードウェアは各 8 ビット要素を 32 ビット形式に復元できます。 C++ AMP では、ビット シフトを使用しないでコードの個々のスカラー要素に自動的にアクセスできるように、テクセルのスカラー要素ごとにビットを設定できます。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ オブジェクトのインスタンス化

初期化せずにテクスチャ オブジェクトを宣言することができます。 次のコード例では、複数のテクスチャ オブジェクトを宣言しています。


#include <amp.h>
#include <amp_graphics.h>
using namespace concurrency;
using namespace concurrency::graphics;

void declareTextures() {

    // Create a 16-texel texture of int. 
    texture<int, 1> intTexture1(16);  
    texture<int, 1> intTexture2(extent<1>(16)); 

    // Create a 16 x 32 texture of float_2.  
    texture<float_2, 2> floatTexture1(16, 32);  
    texture<float_2, 2> floatTexture2(extent<2>(16, 32));   

    // Create a 2 x 4 x 8 texture of uint_4. 
    texture<uint_4, 3> uintTexture1(2, 4, 8);  
    texture<uint_4, 3> uintTexture2(extent<3>(2, 4, 8));
}

また、texture オブジェクトを宣言および初期化するにはコンストラクターを使用することもできます。 次のコード例では、float_4 オブジェクトのベクターから texture オブジェクトをインスタンス化しています。 スカラー要素ごとのビットは既定値に設定されます。 スカラー要素ごとの既定のビットがないため、normunormnorm、および unorm の short ベクターを持つコンストラクターを使用することはできません。


#include <amp.h>
#include <amp_graphics.h>
#include <vector>
using namespace concurrency;
using namespace concurrency::graphics;

void initializeTexture() {

    std::vector<int_4> texels;
    for (int i = 0; i < 768 * 1024; i++) {
        int_4 i4(i, i, i, i);
        texels.push_back(i4);
    }
    
texture<int_4, 2> aTexture(768, 1024, texels.begin(), texels.end());
}

また、ソース データ、バイト単位のソース データのサイズ、およびスカラー要素ごとのビットへのポインターを受け取るコンストラクター オーバーロードを使用して texture オブジェクトを宣言および初期化することもできます。


void createTextureWithBPC() {
    // Create the source data.
    float source[1024 * 2]; 
    for (int i = 0; i < 1024 * 2; i++) {
        source[i] = (float)i;
    }

    // Initialize the texture by using the size of source in bytes
    // and bits per scalar element.
    texture<float_2, 1> floatTexture(1024, source, (unsigned int)sizeof(source), 32U); 
}

これらの例のテクスチャは、既定のアクセラレータの既定のビューに作成されます。 accelerator_view オブジェクトを指定するには、コンストラクターの他のオーバーロードを使用できます。 CPU アクセラレータにテクスチャ オブジェクトを作成することはできません。

次の表に示すように、texture オブジェクトの各次元のサイズには制限があります。 制限を超えるとランタイム エラーが生成されます。

テクスチャ

サイズの制限

texture<T,1>

16384

texture<T,2>

16384

texture<T,2>

2048

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ オブジェクトからの読み取り

texture オブジェクトから texture::operator[] 演算子texture::operator() 演算子、または texture::get メソッド を使用して読み込むことができます。 texture::operator[] 演算子 および texture::operator() 演算子 は、参照ではなく値を返します。 したがって、texture::operator[] 演算子 を使用して texture オブジェクトに書き込むことはできません。


void readTexture() {
    std::vector<int_2> src;    
    for (int i = 0; i < 16 *32; i++) {
        int_2 i2(i, i);
        src.push_back(i2);
    }

    std::vector<int_2> dst(16 * 32);  
    array_view<int_2, 2> arr(16, 32, dst);  
    arr.discard_data(); 

    const texture<int_2, 2> tex9(16, 32, src.begin(), src.end());  
    parallel_for_each(tex9.extent, [=, &tex9] (index<2> idx) restrict(amp) {          
        // Use the subscript operator.      
        arr[idx].x += tex9[idx].x; 
        // Use the function () operator.      
        arr[idx].x += tex9(idx).x; 
        // Use the get method.
        arr[idx].y += tex9.get(idx).y; 
        // Use the function () operator.  
        arr[idx].y += tex9(idx[0], idx[1]).y; 
    });  

    arr.synchronize();
}

次のコード例では、short ベクターにテクスチャ チャネルを格納し、short ベクターのプロパティとして個々のスカラー要素にアクセスする方法を説明します。


void UseBitsPerScalarElement() {
    // Create the image data. 
    // Each unsigned int (32-bit) represents four 8-bit scalar elements(r,g,b,a values).
    const int image_height = 16;
    const int image_width = 16;
    std::vector<unsigned int> image(image_height * image_width);

    extent<2> image_extent(image_height, image_width);

    // By using uint_4 and 8 bits per channel, each 8-bit channel in the data source is 
    // stored in one 32-bit component of a uint_4.
    texture<uint_4, 2> image_texture(image_extent, image.data(), image_extent.size() * 4U,  8U);

    // Use can access the RGBA values of the source data by using swizzling expressions of the uint_4.
    parallel_for_each(image_extent,  
         [&image_texture](index<2> idx) restrict(amp) 
    { 
        // 4 bytes are automatically extracted when reading.
        uint_4 color = image_texture[idx]; 
        unsigned int r = color.r; 
        unsigned int g = color.g; 
        unsigned int b = color.b; 
        unsigned int a = color.a; 
    });
}

次の表は、各 short ベクター型のチャネルごとの有効なビットを示します。

テクスチャ データ型

スカラー要素ごとの有効なビット

int、int_2、int_4

uint、uint_2、uint_4

8, 16, 32

int_3、uint_3

32

float, float_2、float_4

16, 32

float_3

32

double、double_2

64

norm、norm_2、norm_4

unorm、unorm_2、unorm_4

8, 16

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ オブジェクトへの書き込み

texture::set メソッドを使用して texture オブジェクトに書き込みます。 テクスチャ オブジェクトは読み取り専用または読み取り/書き込み可能にすることができます。 読み取り/書き込み可能なテクスチャ オブジェクトについては、次の条件が満たされている必要があります。

  • T にあるのは 1 つのスカラー コンポーネントのみです。(short ベクターは使用できません。)

  • T は doublenorm、または unorm のいずれでもありません。

  • texture::bits_per_scalar_element プロパティは 32 です。

3 つすべてが満たされない場合、texture オブジェクトは読み取り専用です。 最初の 2 つの条件は、コンパイル中にチェックされます。 readonly テクスチャ オブジェクトに書き込もうとするコードがあると、コンパイル エラーが生成されます。 texture::bits_per_scalar_element の条件は実行時に検出され、読み取り専用 texture オブジェクトに書き込もうとすると、ランタイムは unsupported_feature 例外を生成します。

次のコード例では、値をテクスチャ オブジェクトに書き込みます。


void writeTexture() {
    texture<int, 1> tex1(16); 
    parallel_for_each(tex1.extent, [&tex1] (index<1> idx) restrict(amp) {    
        tex1.set(idx, 0); 
    });

}

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ オブジェクトをコピーする

次のコード例に示すように、copy 関数または copy_async 関数を使用して、テクスチャ オブジェクト間でコピーができます。


void copyHostArrayToTexture() {
    // Copy from source array to texture object by using the copy function.
    float floatSource[1024 * 2]; 
    for (int i = 0; i < 1024 * 2; i++) {
        floatSource[i] = (float)i;
}
    texture<float_2, 1> floatTexture(1024);
    copy(floatSource, (unsigned int)sizeof(floatSource), floatTexture); 

    // Copy from source array to texture object by using the copy function.
    char charSource[16 * 16]; 
    for (int i = 0; i < 16 * 16; i++) {
        charSource[i] = (char)i;
    }
    texture<int, 2> charTexture(16, 16, 8U);
    copy(charSource, (unsigned int)sizeof(charSource), charTexture); 
    // Copy from texture object to source array by using the copy function.
    copy(charTexture, charSource, (unsigned int)sizeof(charSource)); 
}


また、texture::copy_to メソッドを使用して 1 つのテクスチャから別のテクスチャにコピーすることもできます。 2 つのテクスチャは異なる accelerator_views に置くことができます。 writeonly_texture_view オブジェクトにコピーすると、データは基になる texture オブジェクトにコピーされます。 スカラー要素ごとのビットおよび範囲はコピー元とコピー先の texture オブジェクトで同じにする必要があります。 これらの条件が満たされない場合、ランタイムは例外をスローします。

C++ AMP では Visual Studio 2013 の texture_view クラス を導入します。 テクスチャ ビューは、texture クラス と同じテクセル型とランクをサポートしますが、テクスチャとは異なり、テクスチャ サンプリングや MIPMAP などの追加のハードウェア機能へのアクセスを提供します。 テクスチャ ビューは基になるテクスチャ データへの読み取り専用、書き込み専用、読み取り/書き込みアクセスをサポートします。

  • 読み取り専用アクセスは texture_view<const T, N> テンプレートの特殊化によって提供されます。これは 1、2、または 4 つのコンポーネント、テクスチャ サンプリング、およびビューをインスタンス化するときに決定される MIPMAP レベルの範囲への動的アクセスを持つ要素をサポートします。

  • 書き込み専用アクセスは、特殊化されていないテンプレート クラス texture_view<T, N> によって提供されます。これは 2 つまたは 4 つのコンポーネントを持ち、ビューをインスタンス化するときに決定される 1 つの MIPMAP レベルにアクセスできる要素をサポートします。 サンプリングはサポートされません。

  • 読み取り/書き込みアクセスは、特殊化されていないテンプレート クラス texture_view<T, N> によって提供されます。これはテクスチャのように、コンポーネントを 1 つだけ持つ要素をサポートし、ビューはインスタンス化されるときに決定される 1 つの MIPMAP レベルにアクセスできます。 サンプリングはサポートされません。

テクスチャ ビューは配列ビューに似ていますが、array_view クラスarray クラス で提供する自動データ管理および移動機能は提供しません。 texture_view は、基になるテクスチャ データが存在するアクセラレータ ビューにのみアクセスできます。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gif使用されない writeonly_texture_view

Visual Studio 2013 では、C++ AMP は writeonly_texture_view クラス ではサポートできなかった、サンプリングや MIPMAP のようなハードウェア テクスチャ機能のための強化されたサポートを導入します。 最近導入された texture_view クラスは writeonly_texture_view の機能のスーパーセットをサポートしており、その結果、writeonly_texture_view は使用されません。

少なくとも新しいコードについては、以前は writeonly_texture_view によって提供された機能へのアクセスに texture_view を使用することをお勧めします。 2 つのコンポーネント (int_2) を持つテクスチャ オブジェクトに書き込む、次の 2 つのコード例を比較します。 どちらのケースでも、ビュー wo_tv4 はラムダ式の値でキャプチャされる必要があることに注意してください。 新しい texture_view クラスを使用する例を次に示します。

void write2ComponentTexture() {
    texture<int_2, 1> tex4(16);
    texture_view<int_2, 1> wo_tv4(tex4); 
    parallel_for_each(extent<1>(16), [=] (index<1> idx) restrict(amp) {
        wo_tv4.set(idx, int_2(1, 1));
    });
}

使用されていない writeonly_texture_view クラスを次に示します。

void write2ComponentTexture() {
    texture<int_2, 1> tex4(16); 
    writeonly_texture_view<int_2, 1> wo_tv4(tex4);
    parallel_for_each(extent<1>(16), [=] (index<1> idx) restrict(amp) {   
        wo_tv4.set(idx, int_2(1, 1)); 
    });
}

おわかりのように、2 つのコード例は、プライマリ MIPMAP レベルに書き込んでいるだけである場合にはほぼ同じです。 既存のコードで writeonly_texture_view を使用し、そのコードを拡張するつもりがない限り、変更する必要はありません。 ただし、そのコードをさらに改善するつもりであるなら、その中で機能を強化すると新しいハードウェア テクスチャ機能をサポートできるため、texture_view を使用できるように書き直すことをお勧めします。 これらの新しい機能の詳細については、以下をお読みください。

writeonly_texture_view が使用されなくなったことの詳細については、ネイティブ コードでの並列プログラミングについてのブログの「Overview of the Texture View Design in C++ AMP (C++ AMP でのテクスチャ ビュー デザインの概要)」を参照してください。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ ビュー オブジェクトのインスタンス化

texture_view の宣言は array に関連付けられている array_view の宣言に似ています。 次のコード例では、複数の texture オブジェクトとそれらに関連付けられた texture_view オブジェクトを宣言しています。

#include <amp.h>
#include <amp_graphics.h>
using namespace concurrency;
using namespace concurrency::graphics;

void declareTextureViews()
{
    // Create a 16-texel texture of int, with associated texture_views.
    texture<int, 1> intTexture(16);
    texture_view<const int, 1> intTextureViewRO(intTexture);  // read-only
    texture_view<int, 1> intTextureViewRW(intTexture);        // read-write

    // Create a 16 x 32 texture of float_2, with associated texture_views.
    texture<float_2, 2> floatTexture(16, 32);
    texture_view<const float_2, 2> floatTextureViewRO(floatTexture);  // read-only
    texture_view<float_2, 2> floatTextureViewRO(floatTexture);        // write-only


    // Create a 2 x 4 x 8 texture of uint_4, with associated texture_views.
    texture<uint_4, 3> uintTexture(2, 4, 8);
    texture_view<const uint_4, 3> uintTextureViewRO(uintTexture);  // read-only
    texture_view<uint_4, 3> uintTextureViewWO(uintTexture);        // write-only
}

要素型が非定数で 1 つのコンポーネントを持つテクスチャ ビューは読み取り/書き込みで、要素型は非定数であるが複数のコンポーネントを持つテクスチャ ビューは書き込み専用であることに注意してください。 定数要素型のテクスチャ ビューは常に読み取り専用ですが、要素型が非定数である場合は、要素内のコンポーネント数によって読み取り/書き込み可能 (1 コンポーネント) か書き込み専用 (複数のコンポーネント) かが決定されます。

texture_view の要素型 (定数であるかどうかとそのコンポーネントの数) も、ビューがテクスチャ サンプリングをサポートするかどうかおよび MIPMAP レベルへのアクセス方法の決定に役割を果たします。

Type

コンポーネント

読み取り

Write

サンプリング

MIPMAP アクセス

texture_view<const T, N>

1, 2, 4

はい

X (1)

はい

○、インデックス可能。 範囲はインスタンス化時に決定。

Texture_view<T, N>

1

2, 4

はい

X (2)

はい

はい

X (1)

X (1)

○、1 レベル。 レベルはインスタンス化時に決定。

○、1 レベル。 レベルはインスタンス化時に決定。

このテーブルから、読み取り専用のテクスチャ ビューはビューに書き込めない代わりに新しい機能を完全にサポートすることを確認できます。 書き込み可能なテクスチャ ビューは 1 つの MIPMAP レベルにのみアクセスできるように制限されています。 読み取り/書き込みテクスチャ ビューは書き込み可能なテクスチャ ビューよりもさらに特殊化されています。これはテクスチャ ビューの要素型が 1 つのコンポーネントのみを持っているという要件が追加されているためです。 これは読み取り指向の操作であるため、サンプリングは書き込み可能テクスチャ ビューではサポートされないことに注意してください。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ ビュー オブジェクトからの読み取り

テクスチャ ビューでのサンプル化されていないテクスチャ データの読み取りは、テクスチャ自体からのデータの読み取りと同じです。ただし、テクスチャ ビューは値によってキャプチャされますが、テクスチャは参照によってキャプチャされます。 次の 2 つのコード例では、まず、texture のみを使用する場合を示します。

void write2ComponentTexture() {
    texture<int_2, 1> text_data(16);
    parallel_for_each(extent<1>(16), [&] (index<1> idx) restrict(amp) {
        tex_data.set(idx, int_2(1, 1));
    });
}

そして、texture_view クラスを使用する以外は同じである場合を示します。

void write2ComponentTexture() {
    texture<int_2, 1> tex_data(16);
    texture_view<int_2, 1> tex_view(tex_data);
    parallel_for_each(extent<1>(16), [=] (index<1> idx) restrict(amp) {
        tex_view.set(idx, int_2(1, 1));
    });
}

たとえば、float、float_2、または float_4 などの、浮動小数点型に基づく要素のテクスチャ ビューは、さまざまなフィルター処理モードおよびアドレッシング モードに対するハードウェア サポートを利用するにテクスチャ サンプリングを使用して読み取ることもできます。 C++ AMP は計算シナリオで最も一般的な 2 つのフィルター処理モード (ポイント フィルタリング (ニアレストネイバー) およびリニア フィルタリング (加重平均))、および 4 つのアドレッシング モード (wrapped、mirrored、clamped、border) をサポートしています。 フィルター処理モードの詳細については、filter_mode 列挙型 を参照してください。アドレッシング モードの詳細については、address_mode 列挙型 を参照してください。

C++ AMP が直接サポートするモードに加えて、プラットフォーム API を直接使用して作成されたテクスチャ サンプラーを採用する相互運用 API を使用して、基になるプラットフォームの他のフィルター処理モードとアドレッシング モードにアクセスすることができます。 たとえば、Direct3D は異方性フィルタリングなどの他のフィルター処理モードをサポートし、テクスチャの大きさごとに別のアドレッシング モードを適用できます。 座標が垂直方向にラップされ、水平方向にミラー化され、Direct3D API を使用した異方性フィルタリングでサンプル化されるテクスチャ サンプラーを作成し、make_sampler 相互運用 API を使用して C++ AMP コードでサンプラーを利用することができます。 詳細については、ネイティブ コードでの並行プログラミング ブログの「Texture Sampling in C++ AMP (C++ AMP でのテクスチャ サンプリング)」を参照してください。

また、テクスチャ ビューは MIPMAP の読み取りをサポートします。 定数要素型である読み取り専用のテクスチャ ビューは最も高い柔軟性を備えています。これはインスタンス化で決定された MIPMAP レベルの範囲が動的にサンプル化され、1、2、または 4 つのコンポーネントを持つ要素がサポートされるためです。 また、1 つのコンポーネントを持つ要素がある読み取り/書き込みテクスチャ ビューも MIPMAP をサポートしますが、インスタンス化で決定されたレベルのみです。 詳細については、ネイティブ コードでの並行プログラミング ブログの「Texture with Mipmaps (MIPMAP を使用するテクスチャ)」を参照してください。

Hh913015.collapse_all(ja-jp,VS.140).gifテクスチャ ビュー オブジェクトへの書き込み

texture_view オブジェクトで基になる texture に書き込むには texture_view::get メソッド を使用します。 テクスチャ ビューは読み取り専用、読み取り/書き込み、または書き込み専用のいずれかです。 書き込み可能なテクスチャ ビューは非定数である要素型を持つ必要があり、読み取り/書き込み可能なテクスチャ ビューの要素型は、1 つのコンポーネントのみを持つ必要があります。 それ以外の場合、テクスチャ ビューは読み取り専用です。 テクスチャ ビューで一度にテクスチャの 1 つの MIPMAP レベルにのみアクセスでき、ビューがインスタンス化されるときにレベルが指定されます。

この例では、4 つの MIPMAP レベルを持つテクスチャの 2 番目に詳細な MIPMAP レベルに書き込む方法を示します。 最も詳細な MIPMAP レベルはレベル 0 です。

// Create a texture that has 4 mipmap levels : 16x16, 8x8, 4x4, 2x2
texture<int, 2> tex(extent<2>(16, 16), 16U, 4);

// Create a writable texture view to the second mipmap level :4x4
texture_view<int, 2> w_view(tex, 1);

parallel_for_each(w_view.extent, [=](index<2> idx) restrict(amp)
{
    w_view.set(idx, 123);
});

C++ AMP ランタイムは texture<T,1>ID3D11Texture1D interface (ID3D11Texture1D インターフェイス) 間、texture<T,2>ID3D11Texture2D interface (ID3D11Texture2D インターフェイス) 間、および texture<T,3>ID3D11Texture3D interface (ID3D11Texture3D インターフェイス) 間の相互運用性をサポートします。 get_texture メソッドは texture オブジェクトを受け取り、IUnknown インターフェイスを返します。 make_texture メソッドは IUnknown インターフェイスおよび accelerator_view オブジェクトを受け取り、texture オブジェクトを返します。

表示:
© 2015 Microsoft