Windows アプリ認定キットの使用

Windows アプリ認定キットの使用

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

Applies to Windows and Windows Phone

作成したアプリを Windows ストアに公開する、または、Windows 認定を受ける最善の方法は、認定のためアプリを提出する前に、ローカルでアプリの検証とテストを行うことです。このトピックでは、Windows アプリ認定キットのインストール方法と実行方法について説明します。 このキットで実行される特定のテストについて詳しくは、次のトピックをご覧ください。

必要条件

Windows 8.1 アプリを開発している場合:

  • Windows 8.1 または Windows 10 をインストールして実行する必要があります。

  • Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK) に含まれる Windows アプリ認定キット 10 をインストールする必要があります。

Windows Phone 8.1 アプリを開発している場合:

  • Windows 8.1 または Windows 10 をインストールして実行する必要があります。
  • Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK) に含まれる Windows アプリ認定キット 10 をインストールする必要があります。

  • Phone アプリを開発するには、Windows Phone 8.1 SDK をインストールする必要があります。

Windows 8 アプリを開発している場合:

  • Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 をインストールして実行する必要があります。
  • Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK) に含まれる Windows アプリ認定キット 10 をインストールする必要があります。

アプリの前提条件:

  • コンピューターに有効な開発者用ライセンスが必要です。 方法については、「デバイスを開発用に有効にする」ご覧ください。

  • テストする Windows アプリをコンピューターに展開する必要があります。

      Visual Studio を使っている場合、アプリ パッケージを作るときに Windows アプリ認定キットを実行できます。手順については、「アプリ パッケージの作成」をご覧ください。
     

一括アップグレードに関する注意事項

最新の Windows アプリ認定キットをインストールすると、コンピューターにインストールされているキットの以前のバージョンが置き換えられます。

手順

Windows アプリ認定キットを使った、Windows アプリの対話型の検証

  バンドルをテストする場合、展開するアーキテクチャは OS によって決まります。バンドルに複数のアーキテクチャが含まれる場合、展開しなかったアーキテクチャに固有のエラーが発生すると、そのエラーは表示されません。すべての結果が表示されるように、バンドル内の各種アーキテクチャすべてに対応するさまざまなデバイスでバンドルをテストすることをお勧めします。
 
  1. [スタート] メニューから、[アプリ][Windows キット] の順に進み、[Windows アプリ認定キット] をクリックします。

  2. [Windows アプリ認定キット] で、実行する検証のカテゴリを選びます。たとえば、Windows アプリを検証する場合、[Validate a Windows app] (Windows アプリの検証) を選択します。

    テストするアプリを直接参照するか、UI で一覧からアプリを選ぶことができます。Windows アプリ認定キットを初めて実行すると、UI にはコンピューターにインストールされているすべての Windows アプリが一覧表示されます。以降の実行では、UI には検証済みの最新の Windows アプリが表示されます。テストするアプリが表示されていない場合は、[自分のアプリが表示されない] をクリックして、システムにインストールされているすべてのアプリを一覧表示できます。

  3. テストするアプリを入力するか選んだら、[次へ] をクリックします。

  4. 次の画面からは、テストするアプリの種類に合ったテスト ワークフローが表示されます。一覧でテストが淡色されている場合、お使いの環境にはそのテストが適用されません。たとえば、Windows 7 で Windows 10 アプリをテストする場合、静的テストのみがワークフローに適用されます。Windows ストアにはこのワークフローのすべてのテストを適用できる点に注意してください。実行するテストを選んで [次へ] をクリックします。

    Windows アプリ認定キットによってアプリの検証が開始されます。

  5. テストが終わった後のプロンプトで、テスト レポートを保存するフォルダーのパスを入力します。

    Windows アプリ認定キットによって XML 形式のレポートと共に HTML が作成され、このフォルダーに保存されます。

  6. レポート ファイルを開いて、テストの結果を確認します。

コマンド ラインから Windows アプリ認定キットを使った Windows アプリの検証

重要  Windows アプリ認定キットは、アクティブなユーザー セッションで実行する必要があります。
 
  1. コマンド ウィンドウで、Windows アプリ認定キットを含むディレクトリに移動します。

       既定のパスは、C:\Program Files\Windows Kits\10\App Certification Kit\ です。
     
  2. 次のコマンドをこの順序で入力し、テスト コンピューターに既にインストールされているアプリをテストします。

    appcert.exe reset
    appcert.exe test -packagefullname [package full name] -reportoutputpath [report file name]

    または、アプリがインストールされていない場合は次のコマンドを使うことができます。Windows アプリ認定キットにパッケージが開き、適切なテスト ワークフローが適用されます。

    appcert.exe reset
    appcert.exe test -appxpackagepath [package path] -reportoutputpath [report file name]

    説明:

    [package full name] は、パッケージの完全修飾名です。

    [report file name] は、キットで作成されるテスト レポートを含む XML ファイルの完全修飾ファイル名で、ファイル パスを含みます。

    [package path] はパッケージへの完全なパスです。

    アプリの種類はキットにより自動的に判別されるため、-apptype パラメーターに windowsstoreapp または windowsphoneapp を指定する必要はなくなります。

  3. テストが完了したら、[report file name] という名前のレポート ファイルを開いて、テスト結果を確認します。

  Windows アプリ認定キットはサービスから実行できますが、サービスはアクティブなユーザー セッションでキットのプロセスを開始する必要があり、Session0 では実行できません。このテスト シナリオについて詳しくは、Windows アプリ認定キットに関するホワイト ペーパーをダウンロードしてください。
 
   Windows アプリ認定キットのコマンド ラインについて詳しく知りたい場合は、コマンド「appcert.exe /?」を入力します。
 

関連トピック

Windows アプリ認定キットのテスト
Windows ストア ポリシー

 

 

表示:
© 2016 Microsoft