この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Team Foundation ビルドを使用した Windows ストア アプリのビルドとテスト

Windows ストア アプリケーションをコンパイルするには、ビルド エージェントはこれらの条件を満たすビルド サーバーで実行されている必要があります:

  • Windows 8 (クライアント リリースのみ) で実行する。

  • Visual Studio 2012 がインストールされている。

必要なアクセス許可

ビルド コンピューターの Administrators グループのメンバーであり、[ビルド リソースの管理] アクセス許可が [許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「Team Foundation Server のアクセス許可」を参照してください。

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gifビルド エージェントを配置する

  1. 次のいずれかの手順を実行します。

    • 新しいビルド サーバーを構成し、Windows 8 (クライアント リリースのみ) が実行されているコンピューターにビルド エージェントを作成します。 新しいビルド サーバーの配置の詳細については、「Team Foundation ビルド サービスのインストール」を参照してください。

    • Windows 8 (クライアント リリースのみ) が実行されているコンピューターでビルド エージェントを持つ既存のビルド サーバーを探します。

  2. ビルド サーバーにログオンします。

  3. ビルド サーバーのインストール Visual Studio 2012。 ほとんどの場合、チームは dev コンピューターでを使用する Visual Studio 2012 の同じバージョンをインストールできます。

    いくつかのケースでは、Visual Studio Professional 2012、Visual Studio Premium 2012、または Visual Studio Ultimate 2012 をインストールする必要があります:

    Visual Studio のインストール」を参照してください。

  4. Windows の [スタート] メニューから、[Team Foundation Server 管理コンソール] を実行します。

    [Team Foundation Server 管理コンソール] が表示されます。

  5. ツリー ペインでサーバーの名前を展開し、[ビルド構成] ノードを選択します。

    ビルド コンピューターに関する情報がコンテンツ ペインに表示されます。 [インストール済みフィーチャーの構成] リンクが表示されたら、ビルド サーバーの初期構成を完了する必要があります。 Team Foundation ビルド サービスのインストール」を参照してください。

ビルド サーバー管理コンソール

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gifビルド エージェントにタグを適用する

Windows ストア アプリケーションをコンパイルおよびテストできるビルド エージェントでのみビルド処理を実行するようにする方法の 1 つは、ビルド エージェントにタグを適用することです。

  1. Team Foundation Server 管理コンソールの [ビルド構成] ノードで、次の手順の 1 つを実行します。

    • [新規エージェント] を選択します。

    • Windows 8 アプリケーションをビルドするために使用するビルド エージェントを探し、その [プロパティ] リンクを選択します。

  2. [ビルド エージェントのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [タグ] で、[新しいタグの追加] リンクをクリックします。

    [新しいタグの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. WindowsStoreのようにタグを指定します。

  5. [OK] をクリックします。

ビルド エージェントのタグ付け

単体テストを実行する必要がある場合は、次のセクションに進んでください。 それ以外 Windows ストア apps をビルドおよびテストするビルド プロセスを定義します。に進むことができます。

ビルド エージェントで Windows ストア アプリケーションの単体テストを実行可能にできます。

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gifビルド エージェント サーバーを対話型プロセスとして実行する

Windows ストア アプリケーションの単体テストを実行するには、対話型プロセスとしてビルド エージェントを実行する必要があります。

  1. そのユーザー アカウント (ネットワーク サービス) を使用してビルド サービス アカウントとして識別します。 ビルド サービス アカウントには、これらの条件を満たしている場合です:

  2. ビルド サービス アカウントの資格情報を持つビルド サーバーにログオンします。

  3. Team Foundation Server 管理コンソールの [ビルド構成] ノードで [プロパティ] を選択します。

    プロパティの選択

    [ビルド サービスのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    対話型プロセスとしてビルド サービスを実行
  4. [サービスの停止] を選択します。

  5. [サービスの実行][変更] を選択し、次にビルド サービス アカウントに資格情報を指定します。

  6. [サービスを対話的に実行] を選択します。

  7. [開始] を選択し、[OK] をクリックします。

  8. ビルド サービス アカウントをビルド サーバーにログオンしたままにします。

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gifWindows 8 開発者ライセンスをインストールする

Windows ストア アプリケーションの単体テストを実行するには、ビルド エージェントに Windows 8 開発者ライセンスをインストールする必要があります。 これを行う 1 つの方法は、Visual Studio を使用して Visual C# Windows ストアのプロジェクトを作成します。

  1. ビルド エージェント コンピューターで Visual Studio を実行します。

  2. メニュー バーで [ファイル][新規][プロジェクト] の順にクリックします。

  3. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで、Visual C# Windows ストア アプリケーションのテンプレートを 1 つ選択します。

  4. [OK] をクリックします。

    システムによって開発者ライセンスをインストールするよう求められます。

    Windows 開発者ライセンスの取得
  5. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。

  6. Microsoft アカウントでサインインします。

  7. [開発者ライセンス] を確認するダイアログ ボックスが表示されます。

    Windows 開発者ライセンスの確認

開発者用ライセンスの取得 (Metro スタイル アプリ)」を参照してください。

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gif単体テストの証明書を生成する

自分の Windows ストア アプリケーションの単体テストを実行するには、実行する単体テストを含むコード プロジェクトからのビルド エージェントの証明書インストールになります。 Visual Studio が自動的に生成する証明書の .pfx ファイルを使用できますが、.cer の証明書ファイルを使用することをお勧めします。 Visual Studio を使用して証明書を生成できます。

チュートリアル: Windows ストア アプリに対する単体テストの作成と実行 を参照してください。Windows 証明書ストアのアプリケーションの詳細

Visual Studio を使用して .cer 証明書ファイルを生成するには

  1. 開発用コンピューターで、Visual Studio のソリューション エクスプローラーから単体テストを含むプロジェクトのショートカット メニュー開き、[ストア][アプリ パッケージの作成] を順にクリックします。

  2. アプリ パッケージの作成ウィザードが表示されます。

    アプリ パッケージの作成

    [いいえ] をクリックします。

  3. パッケージの設定を指定します。

    アプリ パッケージの作成ステップ 2

    1 つ以上のプラットフォームを選択し、[作成] をクリックします。

  4. パッケージが作成されます。

    パッケージが作成されました

Hh691189.collapse_all(ja-jp,VS.110).gif単体テストの証明書をインストールする

ビルド エージェントで、実行する単体テストを含むコード プロジェクトから証明書をインストールする必要があります。

  1. 開発用コンピューターで、前のセクションで生成した .cer 証明書を探します。

    1. ソース管理エクスプローラーで、テスト プロジェクトを含むフォルダーに移動します。

      ソース管理エクスプローラーのテスト プロジェクト

      [ローカル パス] リンクをクリックします。

    2. AppPackages フォルダーに移動し、作成したパッケージを含むサブフォルダーに移動します。

      .cer 証明書が格納されたフォルダー

  2. .cer 証明書を開発用コンピューターからビルド エージェント コンピューターにコピーします。

  3. ビルド エージェント コンピューターで、Windows の [スタート] メニューから、管理者として [コマンド プロンプト] を実行します。

  4. [管理者: コマンド プロンプト] ウィンドウで、「certutil -addstore root certficate_file」と入力します。certficate_file は、証明書ファイルのパスです。

    Certutil

Windows ストア アプリケーションをビルド (必要に応じてテスト) するには、ビルド定義にいくつか設定を適用する必要があります。 次の手順では、既定テンプレートに基づきビルド処理を定義する方法を説明します。

必要なアクセス許可

次の手順を完了するには、[ビルド定義の編集] アクセス許可が [許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「Team Foundation Server のアクセス許可」を参照してください。

Windows ストア apps をビルドおよびテストするビルド処理を定義するには

  1. チーム エクスプローラーで、次の作業を行います。

    1. 作業するチーム プロジェクトにまだ接続されていない場合は、チーム プロジェクトに接続します

    2. [ホーム] を選択し、[ビルド] を選択します。

    3. [ビルド] ページの [ビルド定義の新規作成] を選択します。

    [ビルド定義の新規作成] ウィンドウが開きます。

  2. [ビルド] ページで、[ビルド定義の新規作成] を選択してビルド定義を作成するか、ビルド定義のショートカット メニューを開き、[編集] を選択してビルド定義を編集します。

  3. [ビルドの既定値] タブで、このトピックで前述したとおり、Windows ストア アプリケーションをビルドするために展開したビルド エージェントをプールするビルド コントローラーを選択します。

    メモ メモ

    [ホスト ビルド コントローラー] を使用して Windows ストア アプリケーションをビルドすることはできません。

  4. [ビルドの既定値] タブで、[ステージング場所] オプションを選択し、ビルド プロセスでコンパイルしたバイナリやログ ファイルなどの出力ファイルを生成および保存する方法を指定します。

    • [このビルドは出力ファイルを格納フォルダーにコピーしない]: 出力ファイルを必要としない場合は、このオプションを選択します。

    • [ビルド出力を次の格納フォルダーにコピーする]: ファイル共有サーバー上の格納フォルダーに出力ファイルをコピーする場合は、このオプションを選択します。 ボックスで、ビルド システムで出力ファイルを配置するフォルダーの UNC ファイル パスを入力します。 ビルド サービス アカウント (「ビルド エージェント サーバーを対話型プロセスとして実行する」で指定しました) が読み取りおよび書き込みを実行できるフォルダーを指定する必要があります。 ドロップ フォルダーのセットアップ」を参照してください。

  5. [プロセス] タブで、次の操作を実行します。

    1. [必須] ノードを展開し、[ビルドする項目] ノードを展開し、[ビルドするプロジェクト] ボックスで、ビルドする 1 つ以上のソリューションまたはプロジェクトを指定します。

    2. [詳細] のノードを展開して、[タグ フィルター] ボックスの [エージェントの設定] のノード、およびを指定します Windows ストア の apps、たとえば、WindowsStoreをビルドに使用するビルド エージェントに適用するタグを展開します。

  6. 自動単体テストを実行する場合は、[プロセス] タブで次の手順に従います。

    1. [基本] ノードを展開します。

    2. [自動テスト] チェック ボックスをオンにし、省略記号ボタン ([...]) をクリックします。

      [自動テスト] ダイアログ ボックスが表示されます。

    3. 次のいずれかの手順を実行します。

      • テストの実行を追加するには、[追加] を選択します。

      • テストの実行を変更するには、テストを選択し、[編集] を選択します。

      [テストの追加/編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

    4. [テスト ランナー] メニューで、[Visual Studio テスト ランナー] を選択します。

    5. [テスト アセンブリ ファイルの指定] ボックスで、「** \ *test*.appx」と入力します。

    6. その他の設定については、「ビルド プロセスでのテストの実行」を参照してください。

  7. ビルド処理が必要な他の設定があれば指定します。 詳細については、「ビルド定義の作成」を参照してください。

Windows ストア アプリケーションの開発に関する詳細については、" "を参照してください Windows ストア apps ビルドを説明します。

Windows ストア アプリケーションの単体テストを作成して実行する方法の詳細については、「チュートリアル: Windows ストア アプリに対する単体テストの作成と実行」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft