品質と認定のための計画

Windows ストアにアプリを提出して認定を受けるときは、アプリの品質を評価するテスト処理がいくつか実行されます。 ユーザー エクスペリエンスとアプリの安定性という要件を満たすようにアプリを設計することが、アプリの品質を高めることになります。Windows ストアでアプリを宣伝するための最後の一押しとして、品質と信頼性を高め、簡単に認定を受けられるようにしてください。

設計と実装をよく練り上げて品質計画を立てる

すべての Windows ストア アプリは、Windows ストアで公開する前に、Windows ストアの認定の要件を満たす必要があります。 以下の非常に具体的な要件は、他の Windows ストア アプリの計画のガイダンスを調べたことがある場合は馴染みがあると感じるようないくつかの大きな原則に基づいて、それを拡張したものです。

  • 明確な目的と個性
  • 予測可能で信頼できる挙動
  • ユーザーの信頼とセキュリティの尊重
  • 責任ある収益確保方法
  • アクセシビリティに関する配慮
  • グローバル市場の考慮

アプリの UX の設計」にあるガイダンスは、こういった要件を満たすアプリを設計するのに役立ちます。開発中は、具体的な Windows ストアの認定の要件を参照して、戦術的に機能を実装したために、より大きな設計戦略が損なわれて品質を達成できなくなることがないようにします。

事前にテストして認定計画を立てる

アプリの認定を受ける一番の方法は、事前に自分のコンピューターでアプリの検証とテストを行うことです。その後で、アプリを提出して認定を受け Windows ストアに掲載してもらいます。

Windows アプリ認定キット (Windows ACK) は、無料の自己テスト アプリケーションで、認定されたアプリをオンラインで提出できます。12 個の要件 (うち 3 個は強化された要件) が定義されており、45 分未満でテストは完了します。

Windows アプリ認定キットでアプリをテストすると、以下のカテゴリについての詳しいレポートが生成されます。

テスト必要な動作
アプリのエラー

アプリはクラッシュやハングを起こさないことが必要です。クラッシュやハングなどのアプリのエラーは、ユーザーを混乱させ、不愉快にさせます。こうしたエラーをなくすことで、アプリの安定性と信頼性が増し、ユーザー エクスペリエンスが全体的に向上します。

アプリ マニフェスト

アプリ マニフェストには、必要な属性がすべて含まれている必要があります。

Windows のセキュリティ機能

アプリでは、Windows のセキュリティ機能を使う必要があります。

サポートされているプラットフォーム API

アプリでは、Windows 8 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK) の API だけを使う必要があります。

起動時のパフォーマンス

アプリは高速で起動し、すぐに使えるようになることが必要です。さらに、システム リソース (CPU、ファイル IO、メモリなど) を使いすぎずに、まだ開かれていないアプリ間の高速切り替えとマルチタスクを実現する必要があります。

中断時のパフォーマンス

アプリは中断処理と復帰処理を高速で行えることが必要です。さらに、システム リソース (CPU、ファイル IO、メモリなど) を使いすぎず、リソースが効率的に解放できることも必要です。

アプリ リソースの検証

アプリ マニフェストには、アプリ パッケージ マニフェストのスキーマで説明しているとおり、resources.pri ファイルで定義されている有効なリソースが含まれている必要があります。

.Net のチェック

アプリでは、.NET 4.5 以降を使う必要があります。

 

Windows アプリ認定キットの使用方法と、ストア提出プロセスにおけるその位置付けについて詳しくは、「アプリのテスト」をご覧ください。

 

 

表示:
© 2015 Microsoft