アプリのヘルプのガイドライン

このガイドラインは、アプリの効果的なヘルプ コンテンツの設計方法を説明しています。 ヘルプ コンテンツは 1 ページに収めます。テキスト、リンク、画像を含めることができます。ダイナミックなヘルプ コンテンツを提供する場合は、サポート Web サイトにリンクするか、ヘルプ セクションにオンライン ページを埋め込みます。

アプリにヘルプ コンテンツを含めるかどうか

ヘルプを含めるかどうかは、開発者しだいです。すべてのアプリに専用のヘルプ セクションが必要なわけではないことに留意してください。たとえば、ユーザーが混乱する可能性のある UI 要素がアプリに 1 つか 2 つしかない場合は、独立したヘルプ セクションを作成する代わりに、説明 UI を組み込んだり、アプリ内の単純なデモを作成したり、UI 要素を設計し直したりすることができます。

推奨と非推奨

  • ヘルプ ページは短くしてユーザーが目を通しやすくします。
  • ヘルプ コンテンツが 1 ページに収まらない場合、または更新が必要な情報をダイナミック コンテンツに含める必要がある場合は、サポート Web サイトにリンクするか、ヘルプ ポップアップにオンライン ページを埋め込みます。Web ページにリンクすると、ユーザーがアプリから引き離されることを忘れないでください。可能な場合は、オンライン コンテンツを埋め込んで、より統一感のあるユーザー エクスペリエンスを実現します。JavaScript を使った Windows ストア アプリを作成している場合は、「How to include online content in your help」で詳しい手順をご覧ください。
  • 専門的な用語や業界用語を使わないでください。
  • ヘルプを使って、アプリのすべての機能を説明しないでください。アプリについて詳しく説明する場合は、ヘルプ コンテンツの最後に、サポート Web ページへのリンクを記載することを検討してください。
  • アプリの新しいバージョンが利用できることをユーザーに知らせるためにヘルプを使わないでください。

  

    • 設定ウィンドウからヘルプにアクセスできるようにします。
    • ヘルプ コンテンツは設定ポップアップを使って表示します。設定ポップアップを使うと、Windows 標準の設定ウィンドウに簡単にヘルプを追加できます。
    • 設定ウィンドウ内のエントリ ポイントのラベルを [ヘルプ] にして、明確にわかるようにします。設定の推奨事項について詳しくは、「Guidelines for app settings」をご覧ください。
    • 設定ウィンドウのヘルプのエントリ ポイントから Web サイトに直接リンクしないでください。代わりに、関連付けられたヘルプ ポップアップでオンライン コンテンツへのリンクを示します。

関連トピック

デザイナー向け
説明 UI のデザインのガイドライン
Guidelines for app settings
開発者向け (HTML)
WinJS.UI.SettingsFlyout object
アプリのヘルプの追加
Windows ストア アプリ UI の概要 (HTML)
開発者向け (XAML)
Windows.UI.XAML.Controls.SettingsFlyout
アプリのヘルプの追加 (C#/VB/C++ と XAML を使った Windows ストア アプリ)
Windows ストア アプリ UI の概要 (XAML)

 

 

表示:
© 2015 Microsoft