カメラの UI のガイドライン

Applies to Windows only

カメラ ダイアログは、内蔵または接続されたカメラから写真やビデオをキャプチャするための、タッチに最適化された全画面表示のエクスペリエンスです。 全画面のダイアログはカメラの UI の表示動作を処理します。このダイアログにより、Windows.Media.Capture.CameraCaptureUI.captureFileAsync API への 1 つのメソッド呼び出しを使って、写真やビデオをキャプチャできます。キャプチャのエクスペリエンスの一部として、呼び出し元のアプリケーションに戻す前に、ユーザーはキャプチャした写真やビデオをトリミングできます。さらに、写真やビデオをキャプチャする前に、明るさ、コントラスト、露出など、カメラの一部の設定を調整することもできます。 カメラ ダイアログは、ライブ フォトやライブ ビデオのキャプチャを目的としています。

推奨と非推奨

  • アプリケーションがライブ フォトまたはライブビデオを必要とする場合に、カメラの UI を使います。たとえば、プロファイル画像を必要とするアプリケーションで、ライブ キャプチャを開始するカメラ ダイアログを表示することで、プロファイル画像が最新であることを確認できます。
  • リアルタイムのフィードバックを得る、またはキャプチャ中の画像を制御する場合は、カメラの UI を使わないでください。 たとえば、バーコード リーダー アプリで、カメラを使ってバーコードをスキャンする際に、ユーザーにリアルタイムのフィードバックを提供し、それによりユーザーはバーコードが読み取り可能かどうかを知ることができます。この場合カメラ ダイアログは、キャプチャされたビデオ ストリームを直接制御できないため、適切なオプションではありません。代わりに MediaCapture API を使ってください。
  • ユーザー インターフェイスにカスタムのコントロールを追加する必要がある場合、カメラ ダイアログは使わないでください。 カメラ ダイアログで提供されるものを超えた UI のカスタマイズを追加する必要がある場合は、代わりに MediaCapture API を使ってください。
  • アプリケーションで提供される場合には、カメラ ダイアログでトリミングをオンにしないでください。 動画や写真の編集アプリケーションの場合、または写真や動画の編集機能を提供する場合、トリミングをオフにしてカメラ ダイアログを使う必要があります。そうすると、アプリケーションのトリミング機能はカメラ ダイアログが提供する機能と重複しません。

関連トピック

開発者向け
Windows.Media.Capture.CameraCaptureUI.captureFileAsync
Windows.Media.Capture 名前空間
クイック スタート: カメラの UI による写真または動画のキャプチャ (HTML)
クイック スタート: MediaCapture API を使った動画のキャプチャ (HTML)
オーディオ、動画、画像のキャプチャまたはレンダリング (XAML)

 

 

表示:
© 2015 Microsoft