ネットワーク サポートの追加
言語: HTML | XAML

ネットワーク サポートの追加 (HTML)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

目的

Windows 8.1 は、接続型 (ネットワーク認識型) アプリの開発に対応しています。信頼性の高い接続エクスペリエンスをユーザーに提供するためには、適切なネットワーク機能と、適切なバックグラウンド接続オプションを設定する必要があります。また、ネットワーク関連のエラーが発生した場合に、どこからトラブルシューティングを始めればよいかを把握しておくことも大切です。

以下のトピックには、アプリのネットワーク対応化に関する情報が記載されています。

トピック説明
ネットワーク機能を設定する方法 Windows ストア アプリのセキュリティ プロファイルを制御する方法と、ネットワーク対応アプリに対し、適切な機能を選んでアクセス レベルを設定する方法について説明します。
接続のセキュリティを確保して要求を認証する方法 接続のセキュリティを確保し、セキュリティで保護されたネットワーク接続を確立して使うために必要な認証資格情報を提供する方法について説明します。
ネットワーク操作中にデータ キャッシュを使う方法 Windows ランタイム アプリでネットワーク操作を通じてデータ キャッシュを使う方法について説明します。
バックグラウンド接続オプションの設定方法 Windows 8.1 のバックグラウンド ネットワーク接続機能について説明し、さらに、Windows ランタイム アプリに使うバックグラウンド接続オプションの構成方法について説明します。
ネットワーク アプリで例外を処理する方法 Windows ランタイム アプリで Networking API を使う場合に例外を処理する方法について説明します。
ネットワーク接続のトラブルシューティングとデバッグ ネットワーク接続に関連したエラーや問題をトラブルシューティングするための各種の方法を紹介します。

 

対象となる開発者

JavaScript と HTML または VB/C#/C++ と XAML を使った接続型 (ネットワーク認識型) の Windows ランタイム アプリの作成に関心のある開発者を対象としています。

関連トピック

その他のリソース
接続情報とデータ プラン情報へのアクセス
フィード配信された Web コンテンツへのアクセス
Web サービスへの接続
ネットワーク サービスへの接続
WebSocket を使った接続
接続状態とコストの管理
近接通信とタップのサポート
Live サービスの操作
辞書/リファレンス
Windows.Networking
Windows.Networking.BackgroundTransfer
Windows.Networking.NetworkOperators
Windows.Networking.Connectivity
Windows.Networking.Proximity
Windows.Networking.PushNotifications
Windows.Networking.Sockets
Windows.Web.AtomPub
Windows.Web.Http
Windows.Web.Syndication
サンプル
AtomPub のサンプル
バックグラウンド転送のサンプル
DatagramSocket のサンプル
Network Information のサンプル
HttpClient のサンプル
Syndication のサンプル
StreamSocket のサンプル
Web 認証のサンプル
WebSocket のサンプル

 

 

表示:
© 2017 Microsoft