シミュレーターでの Windows ストア アプリの実行

Windows のみに適用されます

Windows ストア アプリ用の Visual Studio シミュレーターは、Windows ストア アプリをシミュレートするデスクトップ アプリケーションです。 開発者は、アプリケーションの実行と、一般的なタッチと回転イベントのシミュレーションを 1 台のコンピューター上で行うことができます。 エミュレートする物理的な画面サイズと解像度を選択したり、ユーザー入力イベントの位置座標をシミュレートしたり、ネットワーク接続のプロパティをシミュレートすることもできます。

Windows Phone のみに適用されます

Windows Phone について詳しくは、「エミュレーターにおける Windows Phone アプリの実行」を参照してください。

Visual Studio と連携して、シミュレーターは、Windows ストア アプリを設計、開発、デバッグ、およびテストできる環境を提供します。 ただし、Windows ストアにアプリを公開する前に、実際のデバイスでアプリをテストする必要があります。

Caution メモ 注意

Windows ストア アプリ用の Visual Studio シミュレーターは、ローカル コンピューターの分離環境では実行されません。 したがって、シミュレーターで発生したエラー (回復できないシステム エラーなど) がコンピューター全体に影響を与える場合があります。

Windows ストア アプリをシミュレーターで実行するには、デバッガーの標準ツールバーの [デバッグの開始] ボタンの横にあるドロップダウン リストの [シミュレーター] をクリックします。

シミュレーターでの実行

マウス モード ボタン [マウス モード]

対話モードをマウス ジェスチャに設定します。 マウス ジェスチャには、クリック、ダブルクリック、およびドラッグがあります。

タッチ エミュレーションを開始ボタン [タッチ エミュレーションを開始]

対話モードを 1 本の指によるタッチ ジェスチャに設定します。 1 本指のイベントには、タップ、ドラッグ、およびスワイプがあります。

シミュレーターの 1 本指のターゲット

シングル ターゲット アイコンは、シミュレーター内のイベントの位置を示します。 ポインターを配置するには、マウスを使用します。

1 本指タッチのターゲット

タッチ モードをアクティブにするには、マウスの左ボタンを押します。 たとえば、タップをシミュレートする場合はボタンをクリックし、ドラッグまたはスワイプする場合はボタンを長押しします。

ピンチ/ズーム ボタン [タッチ エミュレーションの縮小/拡大]

対話モードを、2 本の指によるピンチ ジェスチャとズーム ジェスチャに設定します。

シミュレーターの 2 本指のターゲット

ダブル ターゲット アイコンは、デバイス画面上の 2 本の指の位置を示します。

  1. デバイス画面上のオブジェクトの上にアイコンを配置するには、マウスを移動します。

  2. ピンチまたはズームを実行する前の 2 本の指のシミュレートされる距離を変更するは、マウス ホイールを前方または後方に回転させます。

ターゲットのピンチ、ズーム、および回転

  1. 縮小 (ピンチ) する場合は、左ボタンを押し、ホイールを後方 (手前) に回転させます。

  2. 拡大 (ズーム) する場合は、左ボタンを押し、マウス ホイールを前方 (奥) に回転させます。

オブジェクトの回転ボタン [タッチ エミュレーションの回転]

対話モードを、2 本の指による回転ジェスチャに設定します。

シミュレーターの 2 本指のターゲット

ダブル ターゲット アイコンは、デバイス画面上の 2 本の指の位置を示します。

  • デバイス画面上のオブジェクトの上にアイコンを配置するには、マウスを移動します。

  • オブジェクトの回転を実行する前の 2 本の指のシミュレートされる方向を変更するは、マウス ホイールを前方または後方に回転させます。

ターゲットのピンチ、ズーム、および回転

  • オブジェクトを反時計回りに回転させる場合は、左ボタンを押し、ホイールを後方 (手前) に回転させます。 マウス ホイールを回転させると、回転の相対サイズを示すために、2 つのターゲット アイコンのいずれかが他方のアイコンを中心として回転します。

  • オブジェクトを時計回りに回転させる場合は、左ボタンを押し、マウス ホイールを前方 (奥) に回転させます。

次のボタンは、対話モードに依存しない 1 つのアクションを生成します。

シミュレーター ウィンドウが常に他のウィンドウの上に表示されるように設定できます。

最前面に表示するウィンドウの切り替え

[Toggle Topmost Window] (最上位ウィンドウに切り替え)

シミュレーター ウィンドウの [常に手前に表示] モードを有効または無効にします。

シミュレーターを任意の方向に 90 度回転させることで、デバイスの方向を縦長と横長の間で切り替えることができます。

メモ メモ

シミュレーターでは、プロジェクトのプロパティ DisplayProperties.AutoRotationPreferences は考慮されません。 たとえば、プロジェクトで方向が Landscape に設定されている場合でも、シミュレーターの方向を回転させて縦向きにすると、シミュレーターに表示されるイメージも回転され、サイズが変更されます。 実際のデバイスでこれらの設定をテストしてください。

右に回転ボタン

[シミュレーターを時計回りに 90 度回転する]

シミュレーターを時計回りに 90 度回転させます。

左に回転ボタン

[シミュレーターを反時計回りに 90 度回転する]

シミュレーターを反時計回りに 90 度回転させます。

メモ メモ

シミュレーターを回転させたときに、シミュレーターの 1 つの辺がシミュレーターを表示している画面よりも大きくなる場合、シミュレーターのサイズは画面に収まるように自動的に変更されます。 シミュレーターは、再度回転させた場合でも、元のサイズに戻ることはありません。

シミュレートされる画面のサイズと解像度を変更するには、パレットの [解像度の変更] ボタンをクリックし、一覧から新しいサイズと解像度を選択します。

解像度リストの変更

画面サイズと解像度は 画面の幅 (インチ)、ピクセル幅 X ピクセル高さ で一覧表示されます。 画面のサイズと解像度の両方がシミュレートされます。 シミュレーター上の位置座標は、選択したデバイスのサイズと解像度の座標に変換されます。

メモ メモ

ビットマップ イメージのスケーリングされたバージョンをアプリに保存できます。Windows は、現在のスケールで正しいイメージを読み込みます。 Guidelines for scaling to pixel density」を参照してください。 ただし、Windows によって解像度に合ったイメージが選択されるようにシミュレーターの解像度を変更した場合、新しいイメージを表示するにはデバッグ セッションを停止して再度開始する必要があります。

位置対応アプリをテストするには、[場所の設定] ダイアログ ボックスを使用します。

  1. シミュレーターの場所の設定 [場所の設定] ボタンをクリックします。

    • 要件を満たす必要がある場合は、[場所の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

      場所の設定の要件ダイアログ ボックス

      満たされていない要件は、赤い円で囲まれた 'X' のマークが一覧に表示されます。

      • システム管理者への連絡が要件に含まれていない場合は、[構成] をクリックして問題を自動的に解決します。

      • それ以外の場合は、システム管理者に連絡して問題を解決します。

    シミュレーターの [Set Location] (場所の設定) ダイアログ ボックス

  2. [場所の設定] ダイアログ ボックスで、[緯度] 値と [経度] 値を度数で設定します。

  3. 位置の上下の高さを示す [高度] 値をメートル単位で設定します。 位置より下の高度を指定するには、負の値を使用します。

  4. 緯度座標と経度座標の精度を示す [エラー半径] 値をメートル単位で設定します。

Windows ストア にアプリを送信するときは、アプリのスクリーンショットを含める必要があります。

メモ メモ

スクリーンショットは、シミュレーターの現在の解像度で保存されます。 解像度を変更するには、[解像度の変更] ボタンをクリックします。

シミュレーター キャプチャのスクリーンショット

シミュレーターからアプリのスクリーンショットを作成するには、[クリップボードにスクリーンショットをキャプチャします] ボタンをクリックします。

スクリーンショットの設定

スクリーンショットの配置場所を設定するには、[スクリーンショットの設定] ボタンをクリックし、ショートカット メニューから場所を選択します。

スクリーンショットの設定のコンテキスト メニュー

アプリケーションのユーザーがネットワーク接続コストやデータ プランの状態の変化を認識し、アプリケーションがその情報を使用して、ローミングや指定されたデータ転送の制限の超過による追加コストの発生を避けることにより、アプリケーションのユーザーが従量制課金接続のコストを管理できるようにします。 Windows.Networking.Connectivity API を使うと、NetworkStatusChanged および署名を行うイベント SystemTrigger.TriggerType に応答できます。 クイック スタート: 従量制課金接続のコスト制約を管理する方法」を参照してください。

ネットワーク コストを認識するコードをデバッグまたはテストするには、シミュレーターを使って、GetInternetConnectionProfile によって返される ConnectionProfile オブジェクトを通じて公開されるネットワークのプロパティを模倣します。

ネットワークのプロパティをシミュレートするには、次のようにします。

  1. ネットワーク プロパティの設定ボタン シミュレーターのツール バーの [ネットワーク プロパティの変更] をクリックします。

    [ネットワーク プロパティの設定] ダイアログ ボックス
  2. [ネットワーク プロパティの設定] のダイアログ ボックスの [シミュレートされたネットワーク プロパティの使用] をクリックします。

    メモ メモ

    チェック ボックスをオフにしてシミュレーションを削除し、現在接続されているインターフェイスのネットワーク プロパティに戻ります。

  3. シミュレートされたネットワークの [プロファイル名] を入力します。 ConnectionProfile のオブジェクトの ProfileName プロパティでシミュレーションを識別するために使用できる一意の名前を使用することをお勧めします。

  4. [ネットワーク コストの種類] の一覧からプロファイルの NetworkCostType の値を選択します。

  5. [データの限度の状態フラグ] の一覧から、ApproachingDataLimit または OverDataLimit のプロパティを true に設定できます。または、[データの限度を下回っています] を選択すると、両方の値を false に設定できます。

  6. [ローミングの状態] の一覧から、Roaming プロパティを設定します。

  7. [プロパティの設定] をクリックして、前景の NetworkStatusChanged イベントおよび NetworkStateChange 型の背景の SystemTrigger をトリガーして、ネットワーク プロパティをシミュレートします。

ネットワーク接続の管理の詳細について

Managing Network Data Usage

クイック スタート: 従量制課金接続のコスト制約を管理する方法

ネットワーク情報のサンプル

ストア アプリでのエネルギー使用の分析

Windows.Networking.Connectivity

バックグラウンド タスクでシステム イベントに応答する方法

Windows ストア アプリの中断イベント、再開イベント、およびバックグラウンド イベントをトリガーする方法

  1. シミュレーター ウィンドウからシミュレーター ツール バーにフォーカスを切り替えるには、 Ctrl + Alt + 上方向キー を押します。

  2. ツール バーのボタンの間を移動するには、上向きの矢印下向きの矢印を使用します。

Ctrl + Alt + F4 キーを押します。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft