Windows Phone アプリのデザイン プロセス

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 | Windows Phone OS 7.1

このセクションでは、モバイル アプリのデザインが Windows Phone のユーザービリティにどのように影響するかについて説明します。このセクションで説明する原則の多くがはっきりしないものですが、すべて日常的な使用が基になっています。こうしたユーザービリティに関する原則は、組み合わせることにより、設計者が問題を解決したり、ユーザーのタスクを簡素化したり、プラットフォームを最大限に活用したりするのに役立ちます。

このセクションでは、プログラムに関する原則またはコントロールおよびナビゲーションの適切な使用方法については説明しません。これらのトピックについては、「Windows Phone のアプリ ページ モデル」および「Windows Phone のコントロールのデザイン ガイドライン」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

タッチ操作のデザインでは、新しい事柄への配慮が必要です。タッチ デバイスが適切にデザインされていると、タスクの完了方法に関する指示がユーザーに示され、ブランド情報がアプリに追加されます。優れたアプリはユーザーがタスク間を効率的に移動できるようにして、スムーズ感を生み出します。

アプリの計画プロセスは、対話デザインとビジュアル デザインを組み合わせることで反復的に実行されます。"対話デザイン" とは、アプリに組み込む動作、ジェスチャ、および応答をデザインすることです。一方、"ビジュアル デザイン" では、色やオリジナル アートをこれらの要素に適用して命を吹き込みます。このデザインは両方とも、プログラミング開始前に慎重に考慮し計画します。モックアップ、図面、およびワイヤーフレームを作成して、対話デザインおよびビジュアル デザインの両方を事前に計画してください。開発を開始するのはその後です。プロトタイプ化の詳細については、「Windows Phone アプリのデザインの実装」を参照してください。

ビジュアル デザインによって美しさとブランド情報がユーザーの操作性に追加されますが、これがコンテンツを妨げたり、ナビゲーションを混乱させたりするものであってはいけません。最適なビジュアル デザインの Windows Phone アプリでは、オブジェクトのどこをどのようにタッチ、ドラッグ、およびフリックすればよいのかを、さりげなくユーザーに指示します。アプリの操作方法をユーザーが理解するのに役立つビジュアル デザインを計画してください。

人とコンピューターのインターフェイス用のアプリをデザインするように、魅力的なビジュアル デザインを作成するようにしましょう。このビジュアル デザインは、ユーザーが複数のタスクを移動するときに役立つ図形、フォーム、色、およびコントロールで構成されています。

このガイドには、熟練したアプリ デザイナーにも新人にもおそらく初めての情報が含まれています。場合によっては、他のプラットフォームで発見した前提事項や原則の見直しが求められることもあります。これは質の高い Windows Phone アプリのビジュアル デザインおよび対話デザインは、従来のコンピューティングとは大きく異なるためです。計画中は Windows Phone デバイスの操作にできる限り時間を費やして、プラットフォームの感触をつかんでください。また、Windows Phone 付属のアプリを参考にすることも検討してください。こうしたアプリは、デザイン プロセスに関する情報を入手するのに役立ちます。

表示:
© 2015 Microsoft