MemoryStream.ReadAsync メソッド (Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

2013/12/12

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期的に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、取り消し要求を監視します。

Namespace:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public override Task<int> ReadAsync(
	byte[] buffer,
	int offset,
	int count,
	CancellationToken cancellationToken
)

パラメーター

buffer
型: System.Byte []
データを書き込むバッファー。
offset
型: System.Int32
ストリームからのデータの書き込み開始位置を示す buffer 内のバイト オフセット。
count
型: System.Int32
読み取る最大バイト数。
cancellationToken
型: System.Threading.CancellationToken
取り消し要求を監視するトークン。既定値は None です。

戻り値

型: System.Threading.Tasks.Task<Int32>
非同期読み取り操作を表すタスク。TResult パラメーターの値には、バッファー内に読み取られた合計バイト数が含まれます。現在読み取り可能なバイト数が要求されたバイト数よりも少ない場合、この値は要求されたバイト数より小さくなることがあります。また、ストリームの末尾に到達している場合は、0 (ゼロ) になることがあります。

例外条件
ArgumentNullException

buffernull です。

ArgumentOutOfRangeException

offset または count が負の値です。

ArgumentException

offsetcount の合計値が、バッファーの長さを超えています。

NotSupportedException

ストリームが読み取りをサポートしていません。

ObjectDisposedException

ストリームが破棄されています。

InvalidOperationException

ストリームは現在、前回の読み取り操作によって使用されています。

操作が完了する前に取り消された場合、返されるタスクに Canceled 値の Status プロパティが含まれます。

You can create a cancellation token by creating an instance of the CancellationTokenSource クラスのインスタンスを作成し、Token プロパティを cancellationToken パラメーターとして渡すことによって、取り消しトークンを作成できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0

表示:
© 2015 Microsoft