プロジェクション マネージャーのガイドライン

Applies to Windows only

プロジェクション マネージャーを使うと、アプリの個別のウィンドウを別の画面にプロジェクションできます。 たとえば、ゲーム アプリでは、大型のモニターにメインのゲーム プレイ画面を表示し、ローカルの画面にゲームのコントロールを表示できます。また、Scrabble などのマルチプレイヤーのワード ゲームでは、プロジェクション画面に共有ゲーム ボードを表示し、ローカルの画面にユーザーのゲーム ピースを表示できます。プレゼンテーション アプリの場合、プロジェクション画面のウィンドウにプレゼンテーションを表示し、ローカルの画面に発表者のノートを表示できます。

既定では、プロジェクション マネージャーを使わない状態で、ユーザーが他の表示デバイスに接続している場合、アプリのウィンドウがサブ画面に複製されます。複製モードのとき、両方の画面に適した解像度が Windows によって自動的に選ばれます。外部画面の画面情報は使われません。しかし、この解像度が動画再生やゲームに最適でないことがあります。プロジェクション マネージャーを使うと、Windows によってプロジェクション画面の解像度と画面の縦横比が取得され、ウィンドウの表示が最適化されます。

プロジェクション マネージャーは、アプリ用に複数のウィンドウを使うことに似ています。この表では、複数のウィンドウとプロジェクション マネージャーの使い分け方について説明します。

シナリオ複数のウィンドウを使うプロジェクション マネージャーを使う
ユーザーが両方のウィンドウを操作推奨非推奨 (ただし外部ディスプレイが Perceptive Pixel (PPI) by Microsoft のようなタッチ デバイスである場合は除く)
サブ ウィンドウが操作用ではなく表示専用非推奨推奨
ユーザーが縦横比や解像度が大きく異なる画面にサブ ウィンドウを表示非推奨推奨

 

推奨と非推奨

  • ユーザーがローカルのアプリ ウィンドウからプロジェクションを制御する。

    ユーザーが次の操作を実行できる必要があります。

    • 新しいプロジェクション ウィンドウを起動する。
    • ウィンドウの中断したプロジェクションを再開する。
    • 開始したプロジェクションを停止する。
    • プロジェクション ウィンドウ上のコントロールを使ってローカルとプロジェクションのウィンドウを入れ替える。ウィンドウの自動配置が適切でなく、プロジェクション ウィンドウがローカルの画面に表示される場合、ユーザーはウィンドウを入れ替えることができる必要があります。
  • 次のアイコンを使って、プロジェクションの開始、停止、ウィンドウの入れ替えを行う。

    コードアイコン説明
    U+E2B4プロジェクション開始用のアイコンプロジェクションの開始または再開
    U+E2B3 プロジェクション停止用のアイコンプロジェクションの停止
    U+E13C プロジェクション ウィンドウ入れ替え用のアイコンプロジェクション ビューの入れ替え

     

  • プロジェクションを自動的に開始または停止しない。プロジェクションはユーザー入力によってのみ開始または停止する必要があります。

      "再開" 機能を実装することで、一時停止後や他のアプリへの切り替え後にユーザーが簡単にプロジェクションを再開できるようにすることが可能です。プロジェクション ウィンドウが表示中の画面から切り替わった場合 (通常、別のアプリのプロジェクションのため)、StartProjectingAsync を使ってプロジェクション ウィンドウの表示を再開します。VisibilityChanged イベントにサブスクライブして、いつプロジェクション ウィンドウが表示中の画面から切り替わったかを調べることができます。consolidated イベントにサブスクライブして、いつプロジェクション ウィンドウが最近使ったアプリの一覧から削除されたか、いつプロジェクション ウィンドウが閉じられたかを調べることができます。

その他の使い方のガイダンス

スタイルとレイアウト

プロジェクションの開始、停止、入れ替えに使用するアイコンの色やラベル テキストは選ぶことができます。アイコンの配置場所を選ぶことができますが、アイコンは下部のアプリ バーに配置し、アプリ バー ボタンのガイダンスに従うことをお勧めします。

プロジェクション ウィンドウの配置を変更することはできません。自動的に決定されるためです。マウス、キーボード、またはタッチパッドを操作するユーザーはプロジェクション画面を配置後に移動できます。

関連トピック

デザイナー向け
複数のウィンドウのガイドライン
アプリ バーのガイドライン
開発者向け
複数のウィンドウのサンプル
プロジェクションのサンプルに関するページ

 

 

表示:
© 2015 Microsoft