効果音の再生

効果音などのオーディオ ファイルを再生するコード サンプルを次に示します。

効果音を使って、便利なフィードバックをアプリに追加したり、ゲームに雰囲気を追加したりできます。iOS では、AudioServicesCreateSystemSoundID を使って短い効果音サンプルをトリガーしたことがあるかもしれません。Windows 8 で C# を使ってオーディオ ファイルを再生するには、次の XAML を使って MediaElement オブジェクトを作成します。


 <MediaElement x:Name="bleep" AudioCategory="GameEffects" Source="Assets/bleep.wav" AutoPlay="False" Visibility="Collapsed"/>

次に示すように、コード ビハインド ファイルのメソッドを使ってサウンドをトリガーします (ユーザーがボタンをタップしたときなど)。


 private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            bleep.Play();
        }

MediaElement は、単純にオーディオ ファイルを再生するだけでなく、他の多くの操作も実行できます。たとえば、ビデオをアプリに埋め込んだり、ネットワーク上の他のデバイスにストリーミングしたりできます。詳しくは、「クイック スタート: ビデオとオーディオ (C#/VB/C++ と XAML を使った Windows ストア アプリ)」をご覧ください。

  バックグラウンドでのサウンドの再生 (音楽のストリーミングなど) について詳しくは、「バックグラウンドでオーディオを再生する方法」をご覧ください。

JavaScript アプリからサウンド ファイルの再生をトリガーするには、次のようなコードを使います。


	var sound = document.createElement("audio");
        sound.src = "/sounds/bleep.wav";
        sound.autoplay = true;


関連トピック

iOS 開発者のためのトピック
iOS 開発者向けリソース
iOS 開発者のための Windows 8 のコントロール
iOS 開発者のための Windows 8 のクックブック
オーディオのトピック
AudioCategory の列挙
クイック スタート: アプリへのオーディオの追加 (JavaScript と HTML を使った Windows ストア アプリ)

 

 

表示:
© 2015 Microsoft