Windows.Storage 列挙値

Windows.Storage 列挙値

このセクションの内容

列挙説明

ApplicationDataCreateDisposition 列挙体

アプリケーション データ コンテナーの作成オプションを指定します。

ApplicationDataLocality 列挙値

アプリケーション データ ストアの種類を指定します。

CreationCollisionOption 列挙値

目的の名前を持つファイルが現在のフォルダーに既に存在する場合の処理を指定します。

FileAccessMode 列挙値

ファイルのアクセスに使用するモードを指定します。

FileAttributes 列挙値

システム ファイルまたはシステム フォルダーの属性を説明します。

KnownLibraryId 列挙型

ストレージ ライブラリを識別する値。

NameCollisionOption 列挙体

ファイルまたはフォルダーの名前が変更された場合、ファイルまたはフォルダーが移動またはコピーされた場合の動作と、目的の場所に同じ名前の既存のファイルまたはフォルダーが存在する場合の動作を指定します。

StorageDeleteOption 列挙体

削除した項目をごみ箱に移動するか、完全に削除するのかを指定します。

StorageItemTypes 列挙体

IStorageItem を実装するクラスのインスタンスによって表される項目の種類 (StorageFileStorageFolder オブジェクトなど) について説明します。

StreamedFileFailureMode 列挙体

データがストリーミングされなかった理由を示します。

 

 

 

表示:
© 2017 Microsoft