WebAuthenticationBroker Class

非同期認証操作を開始します。 このクラスのメソッドは、単一のアプリケーションにおいても、複数のアプリケーションで同時にでも、それぞれ複数回呼び出すことができます。

サンプル ギャラリーの「Web authentication broker sample (Web の認証ブローカーのサンプル)」は、シングル サイン オン (SSO: Single Sign On) 接続で WebAuthenticationBroker クラスを使用する方法の 1 つの例です。

構文


var webAuthenticationBroker = Windows.Security.Authentication.Web.WebAuthenticationBroker;

属性

[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

WebAuthenticationBrokerクラス には次の種類のメンバーが含まれます:

メソッド

The WebAuthenticationBroker クラス には次のメソッドがあります。C#、Visual Basic、C++ では、次のもののメソッドも継承しますObject クラス.

メソッド説明
AuthenticateAsync(WebAuthenticationOptions, Uri) Starts the asynchronous authentication operation with two inputs.
AuthenticateAsync(WebAuthenticationOptions, Uri, Uri) Starts the asynchronous authentication operation with three inputs.
GetCurrentApplicationCallbackUri Gets the current application callback URI.

 

注釈

このクラスのすべてのメンバーは静的です。オブジェクトを作成せずにアクセスできます。このクラスの使用時に発生する問題をトラブルシューティングするには、イベント ログを参照してください。イベント ログを表示するには、Eventvwr.exe を起動し、[アプリケーションとサービス ログ] > [Microsoft] > [Windows] > [WebAuth] > [操作性] に移動します。


private void OutputToken(String TokenUri)
{
   Page outputFrame = (Page)rootPage.OutputFrame.Content;
   TextBox FacebookReturnedToken = outputFrame.FindName("FacebookReturnedToken") as TextBox;
   FacebookReturnedToken.Text = TokenUri;
}


try
{
    String FacebookURL = "https://www.facebook.com/dialog/oauth?client_id=" + FacebookClientID.Text + "&redirect_uri=" + Uri.EscapeUriString(FacebookCallbackUrl.Text) + "&scope=read_stream&display=popup&response_type=token";

    System.Uri StartUri = new Uri(FacebookURL);
    System.Uri EndUri = new Uri(FacebookCallbackUrl.Text);

    WebAuthenticationResult WebAuthenticationResult = await WebAuthenticationBroker.AuthenticateAsync(
                                            WebAuthenticationOptions.None,
                                            StartUri,
                                            EndUri);
    if (WebAuthenticationResult.ResponseStatus == WebAuthenticationStatus.Success)
    {
        OutputToken(WebAuthenticationResult.ResponseData.ToString());
    }
    else if (WebAuthenticationResult.ResponseStatus == WebAuthenticationStatus.ErrorHttp)
    {
        OutputToken("HTTP Error returned by AuthenticateAsync() : " + WebAuthenticationResult.ResponseErrorDetail.ToString());
    }
    else
    {
        OutputToken("Error returned by AuthenticateAsync() : " + WebAuthenticationResult.ResponseStatus.ToString());
    }
}
catch (Exception Error)
{
    //
    // Bad Parameter, SSL/TLS Errors and Network Unavailable errors are to be handled here.
    //
}



            <TextBlock x:Name="InputTextBlock1"  TextWrapping="Wrap" Grid.Row="0" Style="{StaticResource BasicTextStyle}" HorizontalAlignment="Left" > 
                Connect to Facebook using the OAuth 2.0 protocol for authentication and authorization. 
            </TextBlock> 
            <StackPanel Orientation="Vertical" Margin="0,10,0,0" Grid.Row="1"> 
                <StackPanel Orientation="Horizontal"> 
                    <TextBlock TextWrapping="Wrap" Style="{StaticResource BasicTextStyle}" Text="App ID   : " VerticalAlignment="Bottom"/> 
                    <TextBox x:Name="FacebookClientID" Height="14" Width="173" Text=""/> 
                </StackPanel> 
                <StackPanel Orientation="Horizontal"> 
                    <TextBlock TextWrapping="Wrap" Style="{StaticResource BasicTextStyle}" Text="Site URL : " VerticalAlignment="Bottom"/> 
                    <TextBox x:Name="FacebookCallbackUrl" Height="14" Width="433" Text=""/> 
                </StackPanel> 
                <StackPanel Orientation="Vertical" Margin="0,10,0,0"> 
                    <Button x:Name="Launch" Content="Launch" Margin="0,0,10,0" Click="Launch_Click"/> 
                </StackPanel> 
            </StackPanel>  


要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.Security.Authentication.Web
Windows::Security::Authentication::Web [C++]

メタデータ

Windows.winmd

Capabilities

internetClient

参照

認証とユーザー ID (JavaScript)
認証とユーザー ID (C#/C++/VB)
クイックスタート: オンライン ID プロバイダー (JavaScript) への接続
クイックスタート: オンライン ID プロバイダー (C#/C++/VB) への接続
Windows 認証ブローカーのサンプル

 

 

表示:
© 2015 Microsoft