Resolve(ResourceContext) | resolve(ResourceContext) メソッド

NamedResource.Resolve(ResourceContext) | resolve(ResourceContext) Method

指定されたコンテキストに対してこの NamedResource オブジェクトを解決し、最も適切な候補を返します。

構文


var resourceCandidate = namedResource.resolve(resourceContext);

パラメーター

resourceContext

型: ResourceContext

NamedResource を解決する必要があるコンテキスト。

戻り値

型: ResourceCandidate

指定のコンテキストに対して最も適切な候補。

解説

Windows ストア アプリのリソース管理システムは、スケールに応じたリソースの調整をサポートします。Windows 8.1 以降では、1 つのアプリケーションによって所有される複数のビューを、異なる表示倍率を使用する可能性のあるさまざまな表示デバイスで同時に表示することができます。この方法により、表示倍率はビューごとの特性になります。

Resolve メソッドがランタイム コンテキストに関連して NamedResource の最も適した候補を選択し、ResourceContext の scale 修飾子が関連ビューに依存するため、Resolve が常に呼び出されてリソースを使用するビューから取得した ResourceContext オブジェクトを渡す必要があります。

ResourceContext.GetForCurrentView メソッドを参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.ApplicationModel.Resources.Core
Windows::ApplicationModel::Resources::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

NamedResource
ResourceContext
ResourceContext.GetForCurrentView

 

 

表示:
© 2016 Microsoft