DataPackage Class

ユーザーが別のアプリケーションと交換したいデータを含みます。

構文


var dataPackage = new Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataPackage();

属性

[DualApiPartition()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

DataPackageクラス には次の種類のメンバーがあります。

コンストラクター

DataPackageクラス にはこれらのコンストラクターがあります。

コンストラクター説明
DataPackage Constructor that creates a new DataPackage.

 

イベント

DataPackageクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
Destroyed Occurs when the DataPackage is destroyed.
OperationCompleted Occurs when a paste operation is completed.

 

メソッド

The DataPackage クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
GetView Returns a DataPackageView object. This object is a read-only copy of the DataPackage object.
SetApplicationLink Sets the application link that a DataPackage contains.
SetBitmap Sets the bitmap image contained in the DataPackage.
SetData Sets the data contained in the DataPackage in a RandomAccessStream format.
SetDataProvider Sets a delegate to handle requests from the target app.
SetHtmlFormat Adds HTML content to the DataPackage.
SetRtf Sets the Rich Text Format (RTF) content that is contained in a DataPackage.
SetStorageItems(IIterable(IStorageItem)) Sets the files and folders contained in a DataPackage.
SetStorageItems(IIterable(IStorageItem), Boolean) Adds files and folders to a DataPackage.
SetText Sets the text that a DataPackage contains.
SetUri Sets the Uniform Resource Identifier (URI) that is contained in the DataPackage.
SetWebLink Sets the web link that a DataPackage contains.

 

プロパティ

DataPackageクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Properties

読み取り専用Allows you to get and set properties like the title of the content being shared.

RequestedOperation

読み取り/書き込みSpecifies the DataPackageOperation (none, move, copy, or link) for the operation.

ResourceMap

読み取り専用Maps a URI to a file. Used to ensure that referenced content (such as an image) in HTML content is added to the DataPackage.

 

解説

共有操作中にソース アプリは、共有されるデータを DataPackage オブジェクトに置き、そのオブジェクトを処理するためにターゲット アプリに送信します。DataPackage クラスには、次の既定の形式をサポートする多くのメソッドが含まれます。textRtfHtmlBitmapStorageItems。また、カスタム データ形式をサポートするメソッドもあります。これらの形式を使用するには、ソース アプリケーションとターゲット アプリケーションの両方は、カスタム形式が存在することを既に注意している必要があります。

データをすぐに提供する代わりに DataPackage にデリゲートを割り当てる SetDataProvider を使用するオプションがソース アプリにあります。このプロセスは、ソース アプリケーションが指定された書式をサポートしていても、ターゲット アプリケーションがデータを要求しない限りはデータを生成する必要がない場合に便利です。 たとえば、ソース アプリケーションは、写真を共有するためのさまざまなイメージ形式をサポートする場合があります。これらの書式を使用して各イメージのコピーを複数作成する代わりに、ソース アプリケーションは、対象のアプリケーションが特定の書式の種類を要求したときに呼び出されるデリゲートを使用できます。

ターゲット アプリケーションは、共有するデータの取得に DataPackageView オブジェクトを使用できます。さらに、これらのアプリは、DataPackageView がサポートする形式を識別する AvailableFormats プロパティ、または特定の形式を照会する Contains メソッドを使用できます。

Windows Phone 8

この API は、ネイティブ アプリでのみサポートされます。


function registerForShare() {
    var dataTransferManager = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataTransferManager.getForCurrentView();
    dataTransferManager.addEventListener("datarequested", shareTextHandler);
}

function shareTextHandler(e) {
    var request = e.request;
    request.data.properties.title = "Share Text Example";
    request.data.properties.description = "A demonstration that shows how to share.";
    request.data.setText("Hello World!");
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2015 Microsoft