Windows アプリ
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Enumerable.Distinct<TSource> メソッド (IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

 

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、シーケンスから一意の要素を返します。

名前空間:   System.Linq
アセンブリ:  System.Core (System.Core.dll 内)

public static IEnumerable<TSource> Distinct<TSource>(
	this IEnumerable<TSource> source,
	IEqualityComparer<TSource> comparer
)

パラメーター

source

重複する要素を削除する対象となるシーケンス。

comparer

値を比較する IEqualityComparer<T>

戻り値

Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource>

ソース シーケンスの一意の要素を格納する IEnumerable<T>

型パラメーター

TSource

source の要素の型。

Exception Condition
ArgumentNullException

sourcenull なので、

このメソッドは遅延実行を使用して実装されます。アクションの実行に必要なすべての情報を格納するオブジェクトがすぐに返されます。このメソッドによって表されるクエリは、オブジェクトの GetEnumerator メソッドを直接呼び出すか、foreach (Visual C# の場合) または For Each (Visual Basic の場合) を使用することによってオブジェクトが列挙されるまで実行されません。

Distinct<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>) メソッドは、重複する値が格納されていない順序なしのシーケンスを返します。 comparernull の場合は、既定の等値比較子 Default を使用して値を比較します。

次の例は、Distinct<TSource> メソッドで使用できる等値比較子を実装する方法を示しています。

public class Product
{
    public string Name { get; set; }
    public int Code { get; set; }
}

// Custom comparer for the Product class
class ProductComparer : IEqualityComparer<Product>
{
    // Products are equal if their names and product numbers are equal.
    public bool Equals(Product x, Product y)
    {

        //Check whether the compared objects reference the same data.
        if (Object.ReferenceEquals(x, y)) return true;

        //Check whether any of the compared objects is null.
        if (Object.ReferenceEquals(x, null) || Object.ReferenceEquals(y, null))
            return false;

        //Check whether the products' properties are equal.
        return x.Code == y.Code && x.Name == y.Name;
    }

    // If Equals() returns true for a pair of objects 
    // then GetHashCode() must return the same value for these objects.

    public int GetHashCode(Product product)
    {
        //Check whether the object is null
        if (Object.ReferenceEquals(product, null)) return 0;

        //Get hash code for the Name field if it is not null.
        int hashProductName = product.Name == null ? 0 : product.Name.GetHashCode();

        //Get hash code for the Code field.
        int hashProductCode = product.Code.GetHashCode();

        //Calculate the hash code for the product.
        return hashProductName ^ hashProductCode;
    }

}

この比較子を実装した後、次の例に示すように Distinct<TSource> メソッドで一連の Product オブジェクトを使用できます。

Product[] products = { new Product { Name = "apple", Code = 9 }, 
                       new Product { Name = "orange", Code = 4 }, 
                       new Product { Name = "apple", Code = 9 }, 
                       new Product { Name = "lemon", Code = 12 } };

//Exclude duplicates.

IEnumerable<Product> noduplicates =
    products.Distinct(new ProductComparer());

foreach (var product in noduplicates)
    Console.WriteLine(product.Name + " " + product.Code);

/*
    This code produces the following output:
    apple 9 
    orange 4
    lemon 12
*/

Universal Windows Platform
4.5 から利用可能
.NET Framework
3.5 から利用可能
Portable Class Library
サポート対象 : portable .NET platforms
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
Windows Phone
8.1 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft