このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ManipulationDelta Structure

現在の操作のための集積された変換値を含みます。

構文


var manipulationDelta = {
    expansion : /* 独自の値 */,
    rotation : /* 独自の値 */,
    scale : /* 独自の値 */,
    translation : /* 独自の値 */
}

属性

[Version(0x06020000)]

メンバー

ManipulationDelta構造体 にはこれらのフィールドがあります。

フィールドデータ型説明
Expansion | expansion

Number [JavaScript] | System.Single [.NET] | float32 [C++]

タッチのコンタクト間の間隔の変化 (DIP)。たとえば、操作中に 2 つの接触点の間の距離が 100 DIP から 200 DIP に変わった場合、Expansion の値は 100.0 になります。

Rotation | rotation

Number [JavaScript] | System.Single [.NET] | float32 [C++]

回転角度の変化 (度数単位)。

Scale | scale

Number [JavaScript] | System.Single [.NET] | float32 [C++]

タッチのコンタクト間の間隔の変化 (パーセンテージ)。たとえば、操作中に 2 つの接触点の間の距離が 100 DIP から 200 DIP に変わった場合、Scale の値は 1.0 になります。

Translation | translation

Point

x-y 画面座標の変化 (デバイスに依存しないピクセル (DIP) 単位)。

 

解説

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.UI.Input
Windows::UI::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ManipulationCompletedEventArgs.Cumulative | manipulationCompletedEventArgs.cumulative Property
ManipulationVelocities

 

 

表示:
© 2015 Microsoft