エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

GestureRecognizer.CrossSlideExact | crossSlideExact Property

最初の接触からクロススライド操作の終了までの厳密な距離が報告されるかどうかを示す値を取得または設定します。

既定では、小さい距離のしきい値はクロススライド操作用に、システムによって報告される最初の位置から減算されます。このフラグが設定されている場合は、最初の位置から距離のしきい値が減算されません。

メモ  

この距離のしきい値の目的は、接触が最初に検出されてから生じたわずかな動きを把握することです。これにより、システムはクロススライドとパンを区別できるようになり、タップ ジェスチャがこのいずれかとして解釈されないようにできます。

構文


var crossSlideExact = gestureRecognizer.crossSlideExact;
gestureRecognizer.crossSlideExact = crossSlideExact;

プロパティ値

型: Boolean [JavaScript] | System.Boolean [.NET] | Platform::Boolean [C++]

距離のしきい値が減産されない場合は true、それ以外の場合は false。既定値は false です。

解説

クロススライド機能を使用する方法の詳細については、「Guidelines for cross-slide (クロススライドのガイドライン)」を参照してください。

クロススライド操作で使用されるしきい値距離を、次の図に示します。

選択とドラッグ アンド ドロップのプロセスを示すスクリーン ショット。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.UI.Input
Windows::UI::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

GestureRecognizer

 

 

表示:
© 2015 Microsoft