情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

LauncherUIOptions.InvocationPoint | invocationPoint Property

ユーザーがファイルまたは URI を開いた画面上のポイントを取得または設定します。

構文


var invocationPoint = launcherUIOptions.invocationPoint;
launcherUIOptions.invocationPoint = invocationPoint;

プロパティ値

型: IReference<Point> [JavaScript/C++] | System.Nullable<Point> [.NET]

呼び出しポイント。

解説

選択範囲を示す四角形を取得または設定するには、SelectionRect メソッドを使用します。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.System
Windows::System [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

LauncherUIOptions
サンプル
関連起動のサンプル
タスク
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions)
Launcher.LaunchUriAsync(Uri, LauncherOptions)

 

 

表示: