エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

LauncherOptions.FallbackUri | fallbackUri Property

ファイルの種類または URI を処理するアプリケーションが存在しない場合に、ブラウザーでユーザーに表示する URI を表す値を取得または設定します。

構文


var fallbackUri = launcherOptions.fallbackUri;
launcherOptions.fallbackUri = fallbackUri;

プロパティ値

型: Windows.Foundation.Uri [JavaScript] | System.Uri [.NET] | Windows::Foundation::Uri [C++]

ユーザーがブラウザーで移動する必要がある URI。

解説

フォールバック URI プロパティは、http:// または https:// URI でのみ設定できます。このプロパティが設定され、起動されているファイルまたは URI を処理するアプリケーションがインストールされていない場合、ユーザーの既定のブラウザーが自動的に起動され、指定された URI にナビゲートされます。この場合、ユーザーにはオプションの選択を求める [プログラムから開く] ダイアログが表示されません。 ファイルや URI がストアにリストされていないデスクトップ アプリケーションでしかサポートされていない場合など、ユーザーが Windows ストアを訪問することが適切でない場合にのみ、フォールバック URI を使用する必要があります。起動するファイルまたは URI をサポートするアプリが Windows ストアにある場合は、必ず PreferredApplicationPackageFamilyName および PreferredApplicationDisplayName を使用して、そのアプリをユーザーに推奨する必要があります。

メモ  使用できるフォールバックは 1 つのみであるため、優先的なアプリケーション プロパティとフォールバック URI を同時に設定することはできません。Launcher API は、両方のフォールバックが設定されると失敗します。

Windows 8.1:  Windows 8.1 では、このプロパティが Windows ストアの URI も受け取ります。PreferredApplicationPackageFamilyName および PreferredApplicationDisplayName プロパティの代わりにこれらの URI を使用して、[プログラムから開く] ダイアログをポップアップせずにユーザーをストアの特定のアプリに送ることができます。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

fallbackUri をフォールバック URI に設定した状態で、Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) | launchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) メソッドを呼び出します。


// The URI to launch
var uriToLaunch = "contoso:somearguments";

// Create a Uri object from a URI string 
var uri = new Windows.Foundation.Uri(uriToLaunch);

// The fallback URI
var uriFallback = "http://www.contoso.com/somearguments";

// Create a Uri object from a URI string 
var fallbackURI = new Windows.Foundation.Uri(uriFallback);

// Set the fallback URI
var options = new Windows.System.LauncherOptions();
options.fallbackUri = fallbackURI;

Windows.System.Launcher.launchUriAsync(uri, options).then(
   function (success) {
      if (success) {
         // URI launched
      } else {
         // URI launch failed
      }
   });


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.System
Windows::System [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

LauncherOptions
サンプル
関連起動のサンプル
タスク
ファイルに応じて既定のアプリケーションを起動する方法 (JavaScript)
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions)
Launcher.LaunchUriAsync(Uri, LauncherOptions)

 

 

表示:
© 2015 Microsoft