エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ImageProperties.Longitude | longitude Property

写真が撮影された経度座標を取得します。

構文


var longitude = imageProperties.longitude;

プロパティ値

型: IReference<Double> [JavaScript/C++] | System.Nullable<Double> [.NET]

写真が撮影された経度座標。

システムは次のプロパティを使用してこの座標を計算します。:

System.GPS.Longitude
System.GPS.LongitudeDenominator
System.GPS.LongitudeNumerator
System.GPS.LongitudeRef

解説

写真の経度を設定するには、経度座標の計算に使用するファイルのプロパティを 4 つすべてを設定する必要があります。

LatitudeLongitude、および基になるファイル プロパティの使用方法を示すコード例については、「Simple imaging sample (単純なイメージングのサンプル)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage.FileProperties
Windows::Storage::FileProperties [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ImageProperties

 

 

表示:
© 2015 Microsoft