MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ImageProperties.DateTaken | dateTaken Property

イメージが取得された日付を取得または設定します。

構文


var dateTaken = imageProperties.dateTaken;
imageProperties.dateTaken = dateTaken;

プロパティ値

型: Date [JavaScript] | System.DateTimeOffset [.NET] | Windows::Foundation::DateTime [C++]

イメージが取得された日付。

解説

日付プロパティが設定されていない場合、この値は既定値の 0 に設定され、異なるプログラミング言語で誤った日付に変換される可能性があります。たとえば、JavaScript では、0 は 1600 年 12 月 16 日に変換されます。このプロパティが実際の値であり、0 でないことを常にチェックする必要があります。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage.FileProperties
Windows::Storage::FileProperties [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ImageProperties

 

 

表示:
© 2016 Microsoft