エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

OnlineIdAuthenticator.AuthenticatedSafeCustomerId | authenticatedSafeCustomerId Property

アプリケーション用に正しく認証されたユーザーの ID を返します。

構文


var authenticatedSafeCustomerId = onlineIdAuthenticator.authenticatedSafeCustomerId;

プロパティの値

型: String [JavaScript] | System.String [.NET] | Platform::String [C++]

アプリケーションに正しく認証されたユーザーの ID。

注釈

このプロパティは、UserIdentity.SafeCustomerId プロパティと同じユーザー ID を返します。

アプリケーションに対してユーザーが正しく認証されていない場合、このプロパティ値は空です。

アプリケーションでユーザーの ID に基づいてローカル データを格納する場合、authenticatedSafeCustomerId プロパティをチェックして、アプリケーションの最後の認証以降に変更が行われていないことを確認する必要があります。ユーザーの ID と関連チケットを取得する前に、アプリケーションを起動またはアクティブ化するときに、このプロパティを確認します。


var authenticatedSafeCustomerId = onlineIdAuthenticator.authenticatedSafeCustomerId;
if (authenticatedSafeCustomerId !== "")
{
    // use
}


要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Security.Authentication.OnlineId
Windows::Security::Authentication::OnlineId [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

OnlineIdAuthenticator

 

 

表示:
© 2015 Microsoft