このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

SpeechSynthesizer Class

11/30/2012

合成読み上げ (TTS) 音声を使用するためのクラス。

構文


public ref class SpeechSynthesizer sealed : Object,
    IClosable

属性

ActivatableAttribute(NTDDI_WIN8)
MarshalingBehaviorAttribute(Agile)
VersionAttribute(NTDDI_WIN8)

メンバー

SpeechSynthesizerクラス には次の種類のメンバーが含まれます:

コンストラクター

SpeechSynthesizerクラス には次のコンストラクターがあります。

コンストラクター説明
SpeechSynthesizer SpeechSynthesizer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

 

イベント

SpeechSynthesizerクラス には次のイベントがあります。

イベント説明
BookmarkReached Speech Synthesis Markup Language (SSML) ファイルで 要素に到達すると発生するイベント。
SpeechStarted 合成された音声の出力が開始すると発生するイベント。

 

メソッド

The SpeechSynthesizer クラス には次のメソッドがあります。次のもののメソッドも継承しますObject クラス.

メソッド説明
CancelAll アクティブなキューにあるすべての非同期の読み上げ呼び出しを取り消します。
Close 割り当てられたリソースの解放、リリース、またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。
GetVoice アクティブな合成音声を取得します。
SetVoice 合成音声を設定します。
SpeakSsmlAsync(String) 読み上げ音声で Speech Synthesis Markup Language (SSML) マークアップのテキスト文字列を非同期に読み上げます。
SpeakSsmlAsync(String, Object) 読み上げ音声で Speech Synthesis Markup Language (SSML) マークアップのテキスト文字列を非同期に読み上げます。
SpeakSsmlFromUriAsync(Uri) 読み上げ音声でスタンドアロン Speech Synthesis Markup Language (SSML) ドキュメントの内容を非同期に読み上げます。
SpeakSsmlFromUriAsync(Uri, Object) 読み上げ音声でスタンドアロン Speech Synthesis Markup Language (SSML) ドキュメントの内容を非同期に読み上げます。
SpeakTextAsync(String) プレーンテキスト文字列の内容を非同期に読み上げます。
SpeakTextAsync(String, Object) プレーンテキスト文字列の内容を非同期に読み上げます。

 

要件

サポートされている最小のクライアント

サポートなし [Windows ストア アプリのみ]

サポートされている最小のサーバー

サポートなし [Windows ストア アプリのみ]

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Phone.Speech.Synthesis
Windows::Phone::Speech::Synthesis [C++]

メタデータ

Windows.winmd

Capabilities

ID_CAP_SPEECH_RECOGNITION [Windows Phone]

参照

Object
IClosable

 

 

表示:
© 2015 Microsoft