情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DisplayPropertiesEventHandler Delegate

メモ  DisplayProperties 型および関連するイベント ハンドラーは、Windows 8.1 以降のリリースでは、変更されるか使用できなくなる可能性があります。代わりに、DisplayInformation を使用してください。

プロパティの表示イベントを処理するメソッドを表します。

構文


Public Delegate Sub DisplayPropertiesEventHandler( 
  sender As Object 
)

属性

[Deprecated()]
[Version(0x06020000)]

パラメーター

sender

型: Object [JavaScript] | System.Object [.NET] | Platform::Object [C++]

イベントを発生させたオブジェクト。

解説

多くの場合、各表示プロパティを変更するには、アプリケーションがそれ自体を再描画する必要があるため、アプリケーションでは、ほとんどの表示イベントを処理する単一のデリゲートを使用することをお勧めします。また、多くのプロパティの変更は、オペレーティング システム全体に影響を与える単一のモード変更によって生じます。

Direct3D 11.1 Simple Stereo 3D サンプルは、システムのステレオの変更を処理する方法を示します。


void GameRenderer::Initialize(
)
{
DisplayProperties::StereoEnabledChanged += 
ref new DisplayPropertiesEventHandler(this, &GameRenderer::OnStereoEnableChanged);
}

void GameRenderer::OnStereoEnableChanged(
_In_ Platform::Object^ sender
)
{
UpdateForStereoChange();
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Graphics.Display
Windows::Graphics::Display [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示: