情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PointerDevice Class

接続されているポインター デバイスを検出し、その機能を設定できるようにします。

構文


var pointerDevice = Windows.Devices.Input.PointerDevice;

属性

[MarshalingBehavior(None)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

PointerDeviceクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The PointerDevice クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
GetPointerDevice Gets information about the pointer device associated with the specified input pointer ID.
GetPointerDevices Gets information about the pointer devices attached to the system.

 

プロパティ

PointerDeviceクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

IsIntegrated

読み取り専用Gets a value indicating whether the pointer device is an integrated device. For example, a video display with an integrated touch digitizer compared to an external pen/stylus digitizer.

MaxContacts

読み取り専用Gets a value indicating the maximum number of contacts supported by the input device.

PhysicalDeviceRect

読み取り専用Gets the coordinates of the bounding rectangle supported by the input device.

PointerDeviceType

読み取り専用Gets the pointer device type.

ScreenRect

読み取り専用Gets the screen coordinates that are mapped to the bounding rectangle supported by the input device.

SupportedUsages

読み取り専用Gets a collection containing the supported pointer device usages.

 

解説

ここで説明するプロパティによって返される値は、接続されたポインター デバイスの合計数に基づいています。ブール型のプロパティは、1 つのデバイスが特定の機能をサポートし、数値プロパティがすべてのデバイスによって公開される最大値を返す場合に true を返します。

デバイス機能のサンプルは、入力デバイスの存在を検出し、各デバイスの機能と属性を取得する方法を示します。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッド処理とマーシャリング (C++/CX)」および「Using Windows Runtime objects in a multithreaded environment (.NET) (マルチスレッド環境での Windows ランタイム オブジェクトの使用 (.NET))」を参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

以下のコード例は、PointerDevice の使用方法を示します。


function getPointerDevicesAndAttributes() {
    var pointerDevices = Windows.Devices.Input.PointerDevice.GetPointerDevices();
    var htmlWrite = "";
    for (i = 0; i < pointerDevices.Size; i++)  {
         htmlWrite += "<tr><td>(" + i + ") Pointer Device Type</td><td>";
         htmlWrite += getPointerDeviceType(pointerDevices[i].PointerDeviceType) + "</td></tr>";
         htmlWrite += "<tr><td>(" + i + ") Is External</td><td>" + pointerDevices[i].IsExternal + "</td></tr>";
         htmlWrite += "<tr><td>(" + i + ") Max Contacts</td><td>" + pointerDevices[i].MaxContacts + "</td></tr>";
         htmlWrite += "<tr><td>(" + i + ") Physical Device Rect</td><td>" +
             pointerDevices[i].PhysicalDeviceRect.X + "," +
             pointerDevices[i].PhysicalDeviceRect.Y + "," +
             pointerDevices[i].PhysicalDeviceRect.Width + "," +
             pointerDevices[i].PhysicalDeviceRect.Height + "</td></tr>";
         htmlWrite += "<tr><td>(" + i + ") Screen Rect</td><td>" +
             pointerDevices[i].ScreenRect.X + "," +
             pointerDevices[i].ScreenRect.Y + "," +
             pointerDevices[i].ScreenRect.Width + "," +
             pointerDevices[i].ScreenRect.Height + "</td></tr>";
    }
    id("pointerDevices").innerHTML = htmlWrite;
}

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.Devices.Input
Windows::Devices::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Windows.Devices.Input
クイック スタート
クイック スタート: 入力デバイスの識別

 

 

表示: