このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StandardDataFormats.Bitmap | bitmap Property

ビットマップ形式に一致した形式 ID 文字列値を返す読み取り専用プロパティ。

構文


var bitmap = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.StandardDataFormats.bitmap;

プロパティ値

型: String [JavaScript] | System.String [.NET] | Platform::String [C++]

ビットマップ形式に対応する形式 ID 文字列値。

この例は、Bitmap プロパティを使用する方法を示しています。この例のコードを使用するには、アプリケーションにイベント リスナーを追加して activated イベントを処理します。次に、このイベント リスナーによって呼び出される関数にこのコードを配置します。


function registerForShare() {
    var dataTransferManager = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataTransferManager.getForCurrentView();
    dataTransferManager.addEventListener("datarequested", shareImageHandler);
}

function shareImageHandler(e) {
    var request = e.request;
    request.data.properties.title = "Share Image Example";
    request.data.properties.description = "A demonstration that shows how to share an image.";
    var deferral = request.getDeferral();
    Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync("images\\smalllogo.png").then(function (thumbnailFile) {
        request.data.properties.thumbnail = Windows.Storage.Streams.RandomAccessStreamReference.createFromFile(thumbnailFile);
        return Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync("images\\logo.png");
    }).done(function (imageFile) {
        request.data.setBitmap(Windows.Storage.Streams.RandomAccessStreamReference.createFromFile(imageFile));
        deferral.complete();
    }, function (err) {
        request.failWithDisplayText(err);
    });
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StandardDataFormats

 

 

表示:
© 2015 Microsoft