MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DataPackagePropertySet.FileTypes | fileTypes Property

DataPackage オブジェクトに格納されるファイルの種類を含むベクター オブジェクトを指定します。

構文


var fileTypes = dataPackagePropertySet.fileTypes;

プロパティ値

型: IVector<String> [JavaScript/C++] | System.Collections.Generic.IList<String> [.NET]

DataPackage オブジェクトに格納されているファイルの種類を含みます。

解説

多くのターゲット アプリケーションでさまざまなファイル形式を使用できます。その場合でも、ある形式が別の形式より好まれることがあります。DataPackage でサポートされているファイル型を FileTypes プロパティに追加すると、ターゲット アプリケーションで特定の操作に最適なファイル形式を選択できます。

textHtml などの DataPackage オブジェクトが直接サポートする形式のいずれかを使用するコンテンツをアプリケーションで共有する場合、ファイルの種類をこのプロパティに追加するとき、StandardDataFormats クラスを使用する必要があります。アプリケーションでカスタム データの形式をサポートする場合は、文字列を使用してその書式を追加できます。アプリケーションでデリゲートを使用して、DataPackage にコンテンツを追加する場合、FileTypes プロパティで使用する文字列が、SetDataProvider メソッドの formatId パラメーターの値と一致することを確認する必要があります。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

DataPackagePropertySet

 

 

表示:
© 2016 Microsoft