情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DataPackage.ResourceMap | resourceMap Property

URI をファイルに対応付けます。HTML コンテンツ内の参照されるコンテンツ (イメージなど) を、DataPackage に確実に追加するために使用されます。

構文


var resourceMap = dataPackage.resourceMap;

プロパティ値

型: IMap<String, RandomAccessStreamReference> [JavaScript/C++] | System.Collections.Generic.IDictionary<String, RandomAccessStreamReference> [.NET]

対応する StreamReference オブジェクトで HTML パスを指定する名前と値のペアを指定します。

解説

HTML コンテンツには、多くの場合他のファイルの参照が含まれます。最も一般的な例は、特定のファイルを示す img タグです。イメージが HTML コンテンツの残りの部分と共に送信されるようにするには、実際のデータに URI 文字列をマップする ResourceMap を使用する必要があります。この詳細については、「HTML を共有する方法」を参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。


function shareHtmlHandler(e) {
    var request = e.request;
    var htmlExample = "<p>Here is our store logo: <img src='images/logo.png'>.</p>";
    var localImage = "images\\logo.png";
    request.data.properties.title = "Share Html Example";
    request.data.properties.description = "A demonstration that shows how to share an HTML fragment with a local image.";
    var deferral = e.request.getDeferral();
    Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync(localImage).done(function (imageFile) {
        request.data.setHtmlFormat(Windows.ApplicationModel.DataTransfer.HtmlFormatHelper.createHtmlFormat(htmlExample));
        request.data.resourceMap[localImage] = Windows.Storage.Streams.RandomAccessStreamReference.createFromFile(imageFile);
        deferral.complete();
    }, function (err) {
        request.failWithDisplayText(err);
    });
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

DataPackage

 

 

表示: