このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

SplashScreen.ImageLocation | imageLocation Property

ウィンドウを基準とした、アプリケーションのスプラッシュ スクリーンのイメージの座標。

構文


var imageLocation = splashScreen.imageLocation;

プロパティ値

型: Rect

ウィンドウを基準とした、スプラッシュ スクリーンのイメージの座標 (デバイスの dpi (1 インチあたりのドット数) に換算)。

解説

このプロパティを使用して、Windows がアプリケーションに表示するスプラッシュ スクリーンを再現できるように、追加の読み込み時間をアプリケーションに指定できます。この方法については、「How to extend the splash screen (スプラッシュ スクリーンを拡張する方法)」を参照してください。

スプラッシュ スクリーンのイメージが表示されない場合、返される位置はそのイメージが必要とされる場所です。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Activation
Windows::ApplicationModel::Activation [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

スプラッシュ スクリーン サンプル
クイック スタート: スプラッシュ スクリーンの追加
スプラッシュ スクリーンを拡張する方法
参照
SplashScreen class
Windows.ApplicationModel.Activation クラス

 

 

表示:
© 2015 Microsoft