情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

CachedFileUpdaterActivatedEventArgs Class

アプリケーションからの更新が必要なファイルをユーザーが保存または開くと発生する、アクティブ化済みイベントについての情報を提供します。

JavaScript:  この型は WebUICachedFileUpdaterActivatedEventArgs として表示されます。

構文


public sealed class CachedFileUpdaterActivatedEventArgs : ICachedFileUpdaterActivatedEventArgs,
    IActivatedEventArgs

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

CachedFileUpdaterActivatedEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The CachedFileUpdaterActivatedEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス.

プロパティ

CachedFileUpdaterActivatedEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

CachedFileUpdaterUI

読み取り専用Gets the letterbox UI of the file picker that is displayed when a file needs updates from the app.

Kind

読み取り専用Gets the activation type.

PreviousExecutionState

読み取り専用Gets the execution state of the app before it was activated.

SplashScreen

読み取り専用Gets a SplashScreen object that provides information about the transition from the splash screen to the activated app.

 

解説

クイック スタート: ファイル ピッカーを使用したファイル サービスの提供」と Windows.Storage.Pickers.Provider 名前空間参照で、アプリケーションが提示するファイルの更新を提供する方法について学習します。

CachedFileUpdaterActivatedEventArgs オブジェクトは、アプリからのコンテンツ管理が必要なファイルをユーザーが保存する際、アプリのアクティブ化済みイベント ハンドラーに渡されます。このアクティベーションの種類は、Kind プロパティによって返される ActivationKind.CachedFileUpdater の値によって示されます。

JavaScript で記述されたアプリケーションは Windows.UI.WebUI.WebUIApplication.activated イベントをリッスンし、処理する必要があります。

C++、C#、または Visual Basic を使用する Windows ストア アプリは、Application オブジェクトのメソッドをオーバーライドすることで、通常はアクティベーション ポイントを実装します。既定のテンプレートの app.xaml 分離コード ファイルには OnLaunched のオーバーライドが常に含まれていますが、OnCachedFileUpdaterActivated などの他のアクティブ化ポイントのオーバーライドの定義は、アプリ コードによって決まります。

アクティブ化のシナリオに関連しているすべての Application オーバーライドは、自らの実装内で Window.Activate を呼び出す必要があります。

ファイル選択コントラクトのサンプルは、CachedFileUpdater アクティベーション ポイントに 応答する方法を示します。



// CachedFileUpdater activated event handler
protected override void OnCachedFileUpdaterActivated(CachedFileUpdaterActivatedEventArgs args)
{
    var CachedFileUpdaterPage = new SDKTemplate.CachedFileUpdaterPage();
    CachedFileUpdaterPage.Activate(args);
}

// Overloaded method to respond to CachedFileUpdater events
public void Activate(CachedFileUpdaterActivatedEventArgs args)
{
            // Get file picker UI
            cachedFileUpdaterUI = args.CachedFileUpdaterUI;

            cachedFileUpdaterUI.FileUpdateRequested += CachedFileUpdaterUI_FileUpdateRequested;
            cachedFileUpdaterUI.UIRequested += CachedFileUpdaterUI_UIRequested;

            switch (cachedFileUpdaterUI.UpdateTarget)
            {
                case CachedFileTarget.Local:
                    scenarios = new List<Scenario> { new Scenario() { Title = "Get latest version", ClassType = typeof(FilePickerContracts.CachedFileUpdater_Local) } };
                    break;
                case CachedFileTarget.Remote:
                    scenarios = new List<Scenario> { new Scenario() { Title = "Remote file update", ClassType = typeof(FilePickerContracts.CachedFileUpdater_Remote) } };
                    break;
            }

            Window.Current.Activate();
        }

C# では、Application オブジェクトの OnCachedFileUpdaterActivated オーバーライドの argsCachedFileUpdaterActivatedEventArgs オブジェクトを参照します。OnCachedFileUpdaterActivated オーバーライドは App.xaml.cs ファイルにあり、Activate メソッドはファイル ピッカー コントラクト サンプルの CachedFileUpdaterPage.xaml.cs ファイルに あります。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.ApplicationModel.Activation
Windows::ApplicationModel::Activation [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ActivationKind enumeration
Windows.Storage.Provider namespace
ファイル選択コントラクトのサンプル
参照
Windows.UI.Core.CoreApplicationView.Activated event
OnCachedFileUpdaterActivated
Application

 

 

表示: