Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/GR (ランタイム型情報の有効化)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

実行時にオブジェクト型をチェックするコードを追加します。

/GR[-]  

/GR が有効になっている場合、コンパイラは _CPPRTTI プリプロセッサ マクロを定義します。 /GR は既定でオンになります。 /GR- は、実行時の型情報を無効にします。

コンパイラがコード内のオブジェクトの型を静的に解決できない場合は、/GR を使用します。 コードで dynamic_cast 演算子 または typeid を使用する場合は、通常、/GR が必要です。 ただし、/GR によって、イメージの .rdata セクションのサイズが増加します。 コードで dynamic_cast または typeid を使用しない場合は、/GR- を使用するとイメージのサイズを小さくできることがあります。

実行時の型チェックの詳細については、C++ 言語リファレンスの「ランタイム型情報」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [言語] プロパティ ページをクリックします。

  4. [ランタイム型情報を有効にする] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: