このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

EventInfo.GetRemoveMethod メソッド (Boolean)

2013/12/12

派生クラスでオーバーライドされた場合は、非パブリック メソッドを返すかどうかを指定して、イベントのメソッドを削除するための MethodInfo オブジェクトを取得します。

Namespace:  System.Reflection
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public abstract MethodInfo GetRemoveMethod(
	bool nonPublic
)

パラメーター

nonPublic
型: System.Boolean
現在のイベントが非パブリックである場合にメソッドを返すには true。それ以外の場合は false

戻り値

型: System.Reflection.MethodInfo
イベント ソースからイベントハンドラー デリゲートを削除するために使用されるメソッド。nonPublicfalse であり、メソッドがパブリックではない場合は null

例外条件
MemberAccessException

このメンバーは、Type.InvokeMember などの機構を通じて遅延バインディングで呼び出されます。

GetRemoveMethod から返されたメソッドは、"remove_" というプレフィックスと、それに続くイベント名で構成される特殊な名前を持ちます。これを remove アクセサーと呼びます。remove アクセサーのアクセス レベルは、イベントのアクセス レベルと同じです。remove アクセサーは、イベント ハンドラーをアンフックする、コンパイル後の C# コードおよび Visual Basic コードから呼び出されるほか、遅延バインディングのシナリオでイベント ハンドラーをアンフックするために使用される RemoveEventHandler メソッドによっても呼び出されます。Visual Basic または C# のソース コードから直接呼び出すことはできません。System.Reflection.Emit 名前空間の型を使って生成された動的コードから呼び出すことはできます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft