この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

[メッセージ] タブ ([メッセージ オプション] ダイアログ ボックス)

[メッセージ] タブを使用すると、メッセージ ビューに一覧表示するメッセージの種類を選択したり、メッセージの検索条件を指定したりできます。 [メッセージ オプション] ダイアログ ボックスを表示するには、[スパイ] メニューの [メッセージのログ出力] をクリックします。

通常は、まずメッセージ グループを選択します。その後で、表示するメッセージを個別に選択して、選択内容を細かく調整します。 [すべて] ボタンをクリックすると、すべてのメッセージの種類が選択されます。[なし] ボタンをクリックすると、すべての種類の選択が解除されます。

[メッセージ] タブには、次の項目があります。

[表示するメッセージ]

表示する個別のメッセージを選択します。 新たに作成したメッセージ ウィンドウには、すべてのメッセージを表示できます。 [メッセージ] タブでメッセージをフィルター処理する場合、そのフィルターは新しいメッセージにのみ適用されます。既にウィンドウ ビューに表示されているメッセージには適用されません。

[メッセージ グループ]

表示するメッセージのグループを選択します。 次のグループを選択できます。

  • [WM_USER]: コードが WM_USER 以上のメッセージ。

  • [登録された]: RegisterWindowMessage の呼び出しによって登録されたメッセージ。

  • [不明]: 0 ~ "WM_USER – 1" の範囲にある不明なメッセージ。

これらのメッセージ グループは、[表示するメッセージ] の特定のエントリには対応していません。 グループを選択したとき、選択内容はメッセージ ストリームに直接適用されます。

[メッセージ グループ] 内の淡色表示になっているチェック ボックスは、[表示するメッセージ] ボックスの一覧でそのグループ内のメッセージに関係する変更が行われていること、つまりそのグループ内のメッセージの種類の一部が選択されていないことを示しています。

[設定を既定値として保存]

後で使用できるように、現在の設定をメッセージの検索オプションとして保存します。 これらの設定も、現在の Spy++ を終了したときに保存されます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft